plenty(プレンティ)/拝啓。皆さま
2009年リリース

ロッキング・オン・ジャパンがさ、チャットモンチー振りに大プッシュしてるからさ、すっごい気になってたんだけど、期待を裏切らないサウンドを鳴らしてくれてたよ、この若者たちは!

正直、バンプとかラッドとかには真剣に向き合って聴けないなぁ〜って思ってたんだけど、そこら辺の若者バンドとは一味も二味も違う物を持ってるって思った。
ま、どうせお前もジャパンの回し者だろ?とか思ってるんならさ、もう聴かんでいいよ。
熱心なロキノン信者でなくてもさ、plentyは聴いておいて損はないと思う。
ま、タイトルもそんな挨拶代わりって感じのさ「拝啓。皆さま」なんだけどね。
ライヴもぼちぼちツアーするみたいだから、最寄に来た際は是非とも聴きにいってもらいたいと思う。

青春ノイローゼだからこそ感じる世界観や、その感受性をモロ楽曲にフィードバッグさせた具合が成功してるよね、ホント。
だれでも共有出来る世界観じゃないかも知れんが、オレはさ、ピンときたよ。
ちょっと、plentyは追っかけて聴いてみたいと思った。
売れるロックが本当のロックかなんて、そんなこと考える余地もないけどね。
iTunesに無料配信されて、くだらんコメントを態々残してるやからなんてほっとこう。
好きなヤツがいれば、嫌いなヤツもいる、そりゃどこの世界に行ってもあることだからね。

ロック00年はこんな具合なんじゃないかと。90年の勢いのあったロックとはまた違った刹那さを音に叩きこんでくれればいいなぁ〜とおっさんは思うワケよ。うん。

2010年の今頃にはもっとでっかい存在になってたら、まだまだ日本のロックシーン捨てたもんじゃないな!って思うワケなんです。

■plenty オフィシャル ホームページ■


■YouTube■plenty「ボクのために歌う吟」PV