邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

easternyouth

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

bedside yoshino(ベッドサイド ヨシノ)/ナニクソ節

bedside yoshino(ベッドサイド ヨシノ)/ナニクソ節
2011年発表
 
今回は、「盤」ではないですが、紹介しておくべきと思い、書いてみました。



地震があって日本は間違いなく、想像していた方向とは全然違うところに進んで行ってると思う。
もしかしたら、日本全体がダメになることもあるかも知れない。
都市機能が完全にマヒして、良からぬことが次から次に起こっていくかも知れない。
でも、今、生きてる人は生きてる限りそれを受け入れていくしかない。
ま、金持ちは逃げて安全なとこでのほほ〜んて生きていくんだろうけど・・・、そんなヤツラはほっとけ。

地震で多くの人が亡くなって、家族や友人や知人と散り散りになって、ホント未来とか考えれん状況とかで被災した人たちは、日々、生きて行くのやっとってとこだと思う。
自分の住む福岡でさえ地震の余波が確実に迫ってる。
例えば原発のこととか、食料のこととか。
でもね、ホント受け入れて生きていくしかない状況なのかも知れん。

んで、地震後、多くのミュージシャンが被災した人たちに向けた楽曲を配信や公開している。
eastern youthの吉野氏もこのタイミングで、魂こもった楽曲を発表した。
動画のコメントには、「ポンコツ野郎に出来る事は極めて少ない。しかし、ポンコツだって負けたくない。」という吉野氏らしいコメントが付いてた。

太陽がある限り、風が吹く限り、強く生きて行こうじゃないか!
クソッタレだぜ!ぶっ倒れたって這い上がるぜ!死んでる様に生きてたって仕方ねえぜ!
って、気持ちにさせられる。

eastern youthもそうだけど、人生に活力を与えてくれるものをスゴく感じる。
ま、人それぞれ色々な考えや趣向があるから、みんながみんなピンとくるワケじゃないとは思うけど、オレとしては、本当にありがとうって気持ちになる。

人生ナニクソ畜生!負けて堪るか!ってとこだ。
今回の地震で被災された人たち、特にeastern youthが好きな人たちに届くことを切に願う。

yoshino_hisashi

■YouTube■bedside yoshino 『ナニクソ節』MV



eastern youth(イースタンユース)/歩幅と太陽

ブログネタ
このアーティストこそロックだぜ!! に参加中!
eastern youth(イースタンユース)/歩幅と太陽
2009年リリース

どこまでもイースタンユースだし、ここからがイースタンユースな様な気もする。
そんなことを思わせてくれる作品が今作「歩幅と太陽」だと思う。
人生はそんなに甘くないし、何があるかも分からない。
でも、そこには微かながらも希望があるじゃないか!
何にもしないで死ぬ前に、何かやってから死んどけ!的な、心の応援歌満載なワケよ。

イースタンユースに励まされて、此処まで生きて来たってこともある気がする。
人生において必要なものは衣食住だけじゃないとオレは思う。
それはさ、「音楽」なのよ。
「そんなこたね〜よ、馬鹿かオマエ」って言たいヤツは言えよ!
イースタンユースに知り合わない人生だとしたら、何のために今の時代の日本に生まれたのよ?って本気で思う。
40代になろうが70代になろうが、CDが無くなろうが、データなデジタルオーディオだけになろうがさ、ホントに聴き続けると思うし。
とにかくね、イースタンユースはさ、人生の宝だと言いたい。

一切合切太陽みたい輝いて、肉屋の婆さんが神様みたい輝いてって、ホントある意味ぶっ飛んだ世界だけど、それがとてもリアルで、日常の体温として感じることが出来る。
すなわち、オレらみたいなミュージシャンでない一般ピープルが感じてる熱量と差ほど変わらないところで歌ってるのかも知れんなぁとか思う。
だから、歌の世界に凄く共感が出来る。
ある意味、満たされたらさ、人生つまんないもんかも知れないとも思う。
くそったれで、はらわた煮えくり返るくらいの怒りをパワーとし、生きていった方が人生変化があっていいのかもね。
生きてる理由を見つけるきっかけになる一枚としても最高なんじゃないだろうか。
ヒットチャートを賑わしているぬるいロックを聴く前に、ゼヒ一聴あれ。


余談だけど、このアルバムをリリースした後、ギターとボイス担当の吉野寿氏が急性心筋梗塞で倒れてしまい、緊急手術を受けた為、巡業(ライヴツアー)を予定していたのだけどキャンセルに。
だけど、年が明け無事回復したとのことだったので、巡業の本数は減ったものの、2010年の3月から再度巡業を行うことになったんだよね。
まだまだ滾らして生き抜いていってもらいたいバンドなのよ、ホントに。
 


■YouTube■eastern youth「一切合切太陽みたいに輝く」PV

 easternyouth歩幅と太陽


最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ