邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

RCサクセション

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

RCサクセション(RC SUCCESSION)/シングル・マン+4

RCサクセション(RC SUCCESSION)/シングル・マン+4
2015年リリース(オリジナル1976年リリース)


個人的には、ロック全開なRCよりも、フォークよりなRCが好きだったりするので、この音源のオリジナルである「シングルマン」は良く聴いたもんです。

んで、清志郎氏の命日でもある5月2日にリマスタリングされ、シングル曲も追加された形で発売された今作なんだけど、とりあえずね、オリジナル音源とのクリアー感が違うね〜ってのが最初聴いたときの印象だったのよ。
音源もただのCDじゃなく、SHM-CDなもんで、音質はグッと向上してるっていう具合。

なので、ゼヒオリジナルと聴き比べてもらいたい。
ドラムの音とか、かなりタイトな感じで聴こえて、古さを感じさせない。
デジタルリマスターってスゲ〜!って感じ。

このブログでオリジナルのこと触れてないから、とりあえず、このアルバムについてオレなりのコメント書いてみるから。

「シングルマン」は、いわゆるフォーク期のRCサクセションと、ロック期の間をつなぐアルバムになってるっていう。

ボーカルも忌野清志郎氏じゃなくって、ベースの小林和生(林小和生)氏がやってたりと、実験性もあるっていうね。
個人的には、リンコ氏のボーカルも味わい深くて好きだったりします。ハイ。
でも、結局のところは清志郎氏の世界観が全面に出てるなと。

清志郎氏の陽性なムードとはちょっと違う、昭和の畳六畳いや、四畳半ロック観といいますか、なんとも言えん陰性な世界を楽しめる曲とかも収録されてて、本当にじっくり聴ける名盤だと思う。

歌詞カードには、「このレコードは世界的ミュージシャンが豊富に使用されておりますので安心してご利用ください」と書いてあって、参加ミュージシャンも豪華だったのか!でも誰!?っていうね
調べたところ、ゴダイゴのミッキー吉野氏や、ザ・ハプニングス・フォーのチト河内氏なんかが参加してたらしい。

しかし!このアルバムは当時、事務所が変わったり、プロモーションがあまり出来なかったりとかで、リリースして1年も経たないうちに廃盤になったていうね。
当時、ファンは嘆いただろうね。

でも、その後、ロック編成になって人気が出てきたときに、「何で旧譜が廃盤なのよ!」ってことで、音楽評論家の人が再発活動して、自主でリリースしたっていう、お涙頂戴的な話しがあったりと、名盤ヒストリーとしてはホント、最高の話しだなって、ね。

んで、「シングルマン」はメジャーでもちゃんと、1980年に再発されたっていう。
今もCDとなって、しかもリマスタリングもされちゃって、超愛され盤になったていうワケよ!

RCサクセションの名曲とも言われる「スローバラード」もだけど、「甲州街道はもう秋なのさ」もすげー名曲だと思う。
切なさと昭和感がプンプンして最高だなって。うん。

後、この「シングルマン+4」の「+4」である、シングル曲2枚分がしっかり収録されてるっていうんで、「シングルマン」持ってても買うしかない!っていうアルバムになってるのよ。
しかも!当時のジャケを再現した歌詞カードも付いております!

ちゅうワケで、老若男女全ての人々に聴いてもらいたい名盤でございます。ハイ。

あ、余談だけど、やっぱりユニバーサル盤っていうよりもポリドール盤が良かったよね〜。
ま、無理な話しだけれども。ハハ。



■忌野清志郎 ホームページ■


■YouTube■『スローバラード RCサクセション 生活向上委員会』LIVE

 
RCサクセションシングルマン


忌野清志郎青山ロックンロールショーは、最高なロックショー!

忌野清志郎青山ロックンロールショーは、あっちの世界ではまだ行われているのだろうか?
オレはさ、当然のごとく参加出来なかったけど、どこかの誰かがYouTubeに青山ロンクンロールショーでのキヨシローをアップしててくれてたから、それ観て「キヨシロー、本当に死んだんだな・・・。」て思ったし、少し涙出そうになったし、実際ライヴで観たキヨシローのこととか思い出したりした。
オレ、まだ死なないと思うけど、死ぬ直前的な感じで、走馬灯の様にキヨシローが頭の中を駆け巡った。

キヨシローのアルバムは全部持ってるワケじゃないけど、キヨシローはやっぱり大好きなアーティストだったんだなって、思わずにはおれんのです。

キヨシロー似のタイマーズのゼリーも、もうこの世にはいないのか・・・。
一度、生で観てみたかったなー。
天国行って、タイマーズで逸見さんのことネタにして唄った「イツミさん」癌ネタだったけど、「まさか自分も癌で死ぬとは、あの当時思ってなかったでしょ?」って逸見さんにほくそ笑みながら言われんじゃないんかなとか思ったりもするね。
そんで、キヨシローが「あん時はネタにしてスミマセン・・・。」とか、ニヤニヤして言ってそう。
それと、フィッシュマンズの佐藤氏にも会って「佐藤くん、やっとセッション出来るね!」とか言って、似た様な声二人で盛り上がってるんだろうなー。
そう言う意味では、早く死にたい。
 
イヤイヤ、まだ死ねない。
てか、死にたくない、やっぱり。
でも、死んだら向こうに逝ったミュージシャンのライヴをたくさん観たい。

余談だが、青山ロックンロールショーで、キヨシローの遺族の写真撮る時にチャボに「邪魔!」って言った、馬鹿たれカメラマン、ホント空気読めってんだ!!!

ま、とにかく、キヨシロー、あの世でもガタ!ガタ!唄って、ジェームス・ブラウンと遊んどいでー! 

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■ 

aoyama01_kisyosiro








■YouTube■「2009.5.9 忌野清志郎 青山ロックンロールショー!!」LIVE


■YouTube■「忌野清志郎 青山ロックンロールショーのラスト『 雨上がりの夜空に』」LIVE 


■YouTube■「忌野清志郎が死んじまった「竹中直人氏コメント」(忌野清志郎さん告別式)」TV

ジャパニーズロックゴッド忌野清志郎逝去、2009年5月2日午前0時51分

ジャパニーズロックのゴッド(キングを超えた存在になったんだね・・・)こと、忌野清志郎氏が2009年5月2日午前0時51分、癌性リンパ管症のため逝去した。
享年58歳・・・。
 
キヨシロー氏は2006年7月に喉頭癌の診断を受け、音楽活動を休止してたよね。
それで、2008年2月に日本武道館で復活ライブを行ったんだけど、7月には癌が腰に転移していることが分って、再びライブ活動を中止。
そして、放射線治療などを続けていたってこと。
 
今年に入ってからは盟友である間寛平氏のために書き下ろした新曲「RUN寛平RUN」と「走れ何処までも」を発表した。
また、FM802のキャンペーンソング「Oh! RADIO」の作詞作曲を担当。
本格的な再復帰が待たれていた矢先の訃報となった。
告別式は5月9日(土)13時から東京都青山葬儀所にて行われる。
喪主は妻の栗原景子さん。
当日は一般のファンの弔問も受け付けるとのこと。
 
ボスしけてるぜ!・・・なんて言わないから、天国で楽しくロッキンしてもらえてればなーと。
寛平ちゃんも、海の上でキヨシロー氏のこと知る事になんるだろうね。
天国ではやっぱり「E!E!E!キモちE!」って唄っておくれー!
そんで、オレが天国に行った時には、タイマーズの毒のある曲もリクエストしたいと思います。
逸見さんとも天国で会って、「あん時はネタにしてゴメンね」とか言ってそうだな。

とにかく、ロックをありがとうキヨシロー。

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■
※アクセス集中のため、表示されない場合あり※

キヨシロー@TOWER03




















 ■YouTube■「忌野清志郎追悼動画」←愛情を感じます!


■YouTube■「NHKニュース」TV

最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ