ブログネタ
音楽的情報 に参加中!
遠藤賢司(えんどうけんじ)/満足できるかな
1971年リリース

ケンヂと聴いたら、20世紀少年を思い浮かべる方も多いのではなかろうか?
 そのケンヂの元ネタでもある、ケンジは実はエンケンこと遠藤賢司氏から名前を借りたんだとか。 なんかで、20世紀少年の作者である浦沢直樹氏が言ってた。

そんな純音楽家エンケンさんの、セカンドアルバムがこの「満足できるかな」なんだな。
はっぴいえんど(大瀧氏は欠席かも)のメンバーをバックバンドに、楽しげに豪華に製作されているアルバムだね。
でもね、時代は学生運動とかやってた時代だから、歌詞にはちらほら学生運動ネタとかが絡めてあったりするのよ。
今の大学生の人とかそんなの皆無だよね。
ま、平和ボケした今の日本に、学生運動とか無くて当然の状況ではあるけどね。

と、話しはそれた感じだけど、本題に戻るとしようか。
そうエンケンさん、ただのフォークではなく、「ハードフォーク」なのよ。
ギターボロロ〜ンって弾くだけがフォークじゃない!
時に、スゴイ勢いでギターを弾き唄う。
時に、どっぷりと暗〜く演奏する。

名曲「カレーライス」や「寝図美よこれが太平洋だ」など、シンプルながらもバラエティに富んだ曲たちが収録されている。
今も尚、元気に純音楽家と活躍しているエンケンさんのルーツがここにはある。

■遠藤賢司オフィシャル ホームページ■


■YouTube■遠藤賢司「カレーライス」TV(NHKアーカイブス)