青山ロックンロールショーにて、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)氏の弔辞がとても感動的で、目に涙がふわりと出てきたよ。
「ロック、愛情」だよね。

なんだか、最近、レビューよりキヨシローのことばっか記事にしてんな・・・。
そんだけ、オレの人生にキヨシロー入り込んでたってことか!
それじゃ、キヨシロー情報行きます!
 
なんだかおろしたてな、革ジャンがまぶしくもあるね。
そんな、ヒロトの弔辞を保管せねば!との思いでここに書き留めておくことにした。
このブログを読んでるあなたにも、じっくりと一言一句抜かすこと無くしっかりと読んでもらいたいのです。
それでは、ヒロトよろしく──。
 
「キヨシロー。キヨシロー。あなたとの思い出にはろくなものはございません。突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。レコーディングの作業中にはトンチンカンなアドバイスばかり連発するので、レコーディングが滞り、我々はそのたびに聞こえないふりをするので必死でした。でも今考えると全部冗談だったんだな。
 
今日も「キヨシローどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のまま寝転がってたよ」って言うもんだから、「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていく」って来たら、なんか浮いてるし。キヨシローのまねをすれば浮くのは当然だった。でもあなたはステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな。
 
一番最近会ったのは去年の11月のThe Whoの来日公演、武道館の。そのときあなたは客席の人でした。ステージの上ではなくて。たくさんの人がキヨシローに憧れるように、あなたはロックンロールに憧れていました。僕もそうでした。
 
そんな観客同士の共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出して、それは業界のコネを最大限に生かした、戦利品とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントのギターのピックでした。観客の1人なんかじゃねえや。僕があまりにもうらやましそうにしているので、2枚あったうちの1つを僕にくれましたね。(自分のポケットからピックを取り出して)これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。これはもう返さなくていいよね。ありがとう。一生忘れないよ。短いかもしれないけど一生忘れないよ。
 
今日はありがとうを言いに来たんです。数々の冗談をありがとう。いまいち笑えなかったけど。今日もそうだよ。ひどいよ、この冗談は。うん、でもなるべく笑うよ。キヨシロー、ありがとう。
 
キヨシローを支えてくれたスタッフのみなさん、家族のみなさん、親族のみなさん、友人のみなさん、最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、ありがとう。どうもありがとう。あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っているあなたのファンです。彼らにありがとうは僕は言いません。僕もその1人だからです。それはあなたが言ってください。どうもありがとう。ありがとう ──。」
 
うぅ、最高過ぎるね。
ヒロトの愛情溢れる弔辞、きっと映像で観たらもっと涙出るかも・・・(下のYouTubeで、会場の外で流れていた映像にてヒロトの声が聴けるよ)。
またひとつ、キヨシローが死んだって実感が湧いて来た出来事だったなぁ。
 
そんな感じでさ、日本のロックはさ、アメリカやイギリスなんかに比べると歴史が浅いけど、これからもオッサン、オバサンロッカーに頑張っていってもらいたいと願うばかりです。
ロックは若いもんだけのもんじゃねーと。
ヒロトにもまだまだロッカーとして、素晴らしい作品やライヴをやっていってもらいたいと思うばかりだなと。
キヨシローは、天国でも名曲をバンバン作っていってくれよと。
しばらくは、脳内メーカーの絵で説明すると80%くらいが「忌野清志郎」でしめられてるのかもね・・・。

■クロマニヨンズ オフィシャル ホームページ■ 
 

aoyamarock_hiroto


















■ニコニコ動画■「忌野清志郎 青山ロックンロールショー 弔辞・甲本ヒロト」ある意味LIVE

 
■YouTube■忌野清志郎 告別式【TV】