エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/EPIC映像作品集 1988-1994
2011年リリース

やっと出る〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
と、気持ち高ぶり気味に、ブログも復活したのよ。
どうもどうも。
しかし、今回は音源ではなく、映像集なんよね。
でもさ、コレ、ん〜ここ10年間くらい出るのず〜〜〜っと待ってた。
正直今のエレカシより、このエピック期のエレカシのがスキなんです。
ま、今のエレカシもスキだけど、スキ具合とか、曲に対する思い入れとか、そんなもんひっくるめてこっちのがスキなんだなと。

昔、テレビでeZってのがあってて、エピックレコード所属のアーティストがメインに出てるヤツがあって、それにチョクチョクエレカシも出てたんよね。
当時は、ボ・ガンボスとかスパークスゴーゴーとか出てて、そっちばっかに興味持って観てたけど、エレカシが出た時は、当時ファンじゃなかったけど、衝撃を受けた気がする。

ズッコケても唄い続ける宮本の「珍奇男」とか、東京のどっかの横断歩道で青になるの待ってるエレカシの4人をたんたんと映してるやつとか、宮本一人で登場して「奴隷天国」ガガ〜歌って、マイクポイしてステージから降りて帰ったヤツとか、今になっても思い出す、もしくはYouTubeで再び観る。
が、遂に作品として、パッケージングされた状態で観れるとは!

エレカシは、2010年までに20枚もアルバム出してきただけあって、音の変貌はかなりのものだけど、やっぱりコレがエレファントカシマシというバンドの原点なんだって、最近のエレカシしか知らない人たちにもゼヒ観てもらいたい。

個人的には、EPIC映像作品集リリースツアーとかしてくれんもんかね。
エピック期くくりでやるツアー。
絶対、全曲熱唱する。
そして、着てるお客さん年齢層高めで、宮本に対してのラブな目線なんて皆無。
バンド対お客さんってな具合で、そりゃーもー3000席日本武道館状態ってな具合。
照明はもちろん、真っ赤で、飾りっけゼロなステージ。
おまけに宮本が毒づいててくれれば尚最高かと。
って、これはあくまで個人的な願いってワケ。
オフィシャルに収録内容が掲載されていたのでテンテロリ〜んと。

エレファントカシマシデビュー(SPOT) 
デーデ(SPOT from eZ) 
ファイティングマン(from eZ)
やさしさ(MUSIC VIDEO from eZ) 
ファイティングマン(1988.09.10 渋谷公会堂) 
ふわふわ(1988.09.10 渋谷公会堂) 
太陽ギラギラ(MUSIC VIDEO from eZ) 
待つ男(1989.02.09 目黒鹿鳴館) 
珍奇男(MUSIC VIDEO from eZ) 
浮雲男(MUSIC VIDEO from eZ) 
太陽ギラギラ(MUSIC VIDEO from eZ) 
見果てぬ夢(MUSIC VIDEO from eZ) 
浮雲男(from eZ)
うつら うつら(MUSIC VIDEO) 
おはよう こんにちは(from eZ 1989.08.17富士急ハイランドコニファーフォレスト) 
男は行く(SPOT) 
男は行く(MUSIC VIDEO from eZ) 
eZダイジェスト(SPOT) 
夢のちまた(1991.01.04 日本武道館) 
月の夜(1991.01.04 日本武道館) 
男は行く(1991.01.04 日本武道館) 
ひまつぶし人生(SPOT) 
曙光(MUSIC VIDEO from eZ) 
シャララ/過ぎゆく日々/夕立をまってた/何も無き一夜/曙光 
(from eZ 1992.02.29 吉祥寺バウスシアター) 
奴隷天国(eZ a GO! GO! 14th) 
奴隷天国(eZ a GO! GO! 24th) 
DIGEST OF 東京の空 
(この世は最高!/もしも願いが叶うなら/甘い夢さえ/星の降るような夜に) 
奴隷天国(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
誰かのささやき(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
デーデ(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
東京の空(with 近藤等則 1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
ファイティングマン(1994.09.15 日比谷野外音楽堂)

・・・総時間149分!堪りません!としか言えん!
そして、一緒にライブ音源の上巻も早く発売してもらいたいもんだ。
また、amazonとライブ会場限定なら、発売されるんだったら、即ゲットせねば!



■YouTube■「エレファントカシマシ/珍奇男」PV

エレファントカシマシEPIC映像作品集19881994