邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

忌野清志郎

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

RCサクセション(RC SUCCESSION)/シングル・マン+4

RCサクセション(RC SUCCESSION)/シングル・マン+4
2015年リリース(オリジナル1976年リリース)


個人的には、ロック全開なRCよりも、フォークよりなRCが好きだったりするので、この音源のオリジナルである「シングルマン」は良く聴いたもんです。

んで、清志郎氏の命日でもある5月2日にリマスタリングされ、シングル曲も追加された形で発売された今作なんだけど、とりあえずね、オリジナル音源とのクリアー感が違うね〜ってのが最初聴いたときの印象だったのよ。
音源もただのCDじゃなく、SHM-CDなもんで、音質はグッと向上してるっていう具合。

なので、ゼヒオリジナルと聴き比べてもらいたい。
ドラムの音とか、かなりタイトな感じで聴こえて、古さを感じさせない。
デジタルリマスターってスゲ〜!って感じ。

このブログでオリジナルのこと触れてないから、とりあえず、このアルバムについてオレなりのコメント書いてみるから。

「シングルマン」は、いわゆるフォーク期のRCサクセションと、ロック期の間をつなぐアルバムになってるっていう。

ボーカルも忌野清志郎氏じゃなくって、ベースの小林和生(林小和生)氏がやってたりと、実験性もあるっていうね。
個人的には、リンコ氏のボーカルも味わい深くて好きだったりします。ハイ。
でも、結局のところは清志郎氏の世界観が全面に出てるなと。

清志郎氏の陽性なムードとはちょっと違う、昭和の畳六畳いや、四畳半ロック観といいますか、なんとも言えん陰性な世界を楽しめる曲とかも収録されてて、本当にじっくり聴ける名盤だと思う。

歌詞カードには、「このレコードは世界的ミュージシャンが豊富に使用されておりますので安心してご利用ください」と書いてあって、参加ミュージシャンも豪華だったのか!でも誰!?っていうね
調べたところ、ゴダイゴのミッキー吉野氏や、ザ・ハプニングス・フォーのチト河内氏なんかが参加してたらしい。

しかし!このアルバムは当時、事務所が変わったり、プロモーションがあまり出来なかったりとかで、リリースして1年も経たないうちに廃盤になったていうね。
当時、ファンは嘆いただろうね。

でも、その後、ロック編成になって人気が出てきたときに、「何で旧譜が廃盤なのよ!」ってことで、音楽評論家の人が再発活動して、自主でリリースしたっていう、お涙頂戴的な話しがあったりと、名盤ヒストリーとしてはホント、最高の話しだなって、ね。

んで、「シングルマン」はメジャーでもちゃんと、1980年に再発されたっていう。
今もCDとなって、しかもリマスタリングもされちゃって、超愛され盤になったていうワケよ!

RCサクセションの名曲とも言われる「スローバラード」もだけど、「甲州街道はもう秋なのさ」もすげー名曲だと思う。
切なさと昭和感がプンプンして最高だなって。うん。

後、この「シングルマン+4」の「+4」である、シングル曲2枚分がしっかり収録されてるっていうんで、「シングルマン」持ってても買うしかない!っていうアルバムになってるのよ。
しかも!当時のジャケを再現した歌詞カードも付いております!

ちゅうワケで、老若男女全ての人々に聴いてもらいたい名盤でございます。ハイ。

あ、余談だけど、やっぱりユニバーサル盤っていうよりもポリドール盤が良かったよね〜。
ま、無理な話しだけれども。ハハ。



■忌野清志郎 ホームページ■


■YouTube■『スローバラード RCサクセション 生活向上委員会』LIVE

 
RCサクセションシングルマン


『忌野清志郎 1951-2009』 緊急刊行決定!

『忌野清志郎 1951-2009』 が緊急刊行決定される!
急逝した日本ロック界のKING・忌野清志郎氏の偉大な軌跡を辿る単行本がrockin‘onより2009年6月5日刊行予定!!!
「い・け・な・いルージュマジック」でも競演した、坂本龍一教授の特別インタビューも収録!!!
 
rockin‘on、ROCKIN'ON JAPAN、bridge等に掲載された貴重なインタヴューや撮り下ろし写真を収録!!!
日本のロックを変えた巨大な「表現者」であるキヨシローの歩みを徹底的に振り返る、追悼本の決定版となっているみたい。

JAPANの表紙で、ドラゴンズのハッピ着てたキヨシローの表紙とか、モノクロのキヨシローの顔アップの表紙とか、タイマーズの表紙とか、結構JAPANの表紙になってるよね、確か。 

キヨシローを敬愛するミュージシャンからの追悼メッセージも一挙に掲載。
邦楽ロックファンのみならず、音楽を愛する人すべての胸を打つ永久保存の1冊!!!

買うべし!買うべし!2冊は買うべし!!!

2009年6月5日発売予定
ISBN978-4-86052-081-6
予価800円+税

追記:(※当初、予価800円を予定しておりましたが、大幅な増ページにより1000円に変更させていただきます)
B5変型判・約200ページ
とのこと!ありがとう渋谷さん!山崎さん!

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■

■rockin'on 忌野清志郎 ROCKIN'ON JAPAN 特別号お知らせページ■


■YouTube■「 い・け・な・い ルージュマジック」PV
 


 
遺作となった「Oh! RADIO」ももちろん買うでしょ!

 

青山ロックンロールショーにて甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)による弔辞

青山ロックンロールショーにて、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)氏の弔辞がとても感動的で、目に涙がふわりと出てきたよ。
「ロック、愛情」だよね。

なんだか、最近、レビューよりキヨシローのことばっか記事にしてんな・・・。
そんだけ、オレの人生にキヨシロー入り込んでたってことか!
それじゃ、キヨシロー情報行きます!
 
なんだかおろしたてな、革ジャンがまぶしくもあるね。
そんな、ヒロトの弔辞を保管せねば!との思いでここに書き留めておくことにした。
このブログを読んでるあなたにも、じっくりと一言一句抜かすこと無くしっかりと読んでもらいたいのです。
それでは、ヒロトよろしく──。
 
「キヨシロー。キヨシロー。あなたとの思い出にはろくなものはございません。突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。レコーディングの作業中にはトンチンカンなアドバイスばかり連発するので、レコーディングが滞り、我々はそのたびに聞こえないふりをするので必死でした。でも今考えると全部冗談だったんだな。
 
今日も「キヨシローどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のまま寝転がってたよ」って言うもんだから、「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていく」って来たら、なんか浮いてるし。キヨシローのまねをすれば浮くのは当然だった。でもあなたはステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな。
 
一番最近会ったのは去年の11月のThe Whoの来日公演、武道館の。そのときあなたは客席の人でした。ステージの上ではなくて。たくさんの人がキヨシローに憧れるように、あなたはロックンロールに憧れていました。僕もそうでした。
 
そんな観客同士の共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出して、それは業界のコネを最大限に生かした、戦利品とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントのギターのピックでした。観客の1人なんかじゃねえや。僕があまりにもうらやましそうにしているので、2枚あったうちの1つを僕にくれましたね。(自分のポケットからピックを取り出して)これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。これはもう返さなくていいよね。ありがとう。一生忘れないよ。短いかもしれないけど一生忘れないよ。
 
今日はありがとうを言いに来たんです。数々の冗談をありがとう。いまいち笑えなかったけど。今日もそうだよ。ひどいよ、この冗談は。うん、でもなるべく笑うよ。キヨシロー、ありがとう。
 
キヨシローを支えてくれたスタッフのみなさん、家族のみなさん、親族のみなさん、友人のみなさん、最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、ありがとう。どうもありがとう。あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っているあなたのファンです。彼らにありがとうは僕は言いません。僕もその1人だからです。それはあなたが言ってください。どうもありがとう。ありがとう ──。」
 
うぅ、最高過ぎるね。
ヒロトの愛情溢れる弔辞、きっと映像で観たらもっと涙出るかも・・・(下のYouTubeで、会場の外で流れていた映像にてヒロトの声が聴けるよ)。
またひとつ、キヨシローが死んだって実感が湧いて来た出来事だったなぁ。
 
そんな感じでさ、日本のロックはさ、アメリカやイギリスなんかに比べると歴史が浅いけど、これからもオッサン、オバサンロッカーに頑張っていってもらいたいと願うばかりです。
ロックは若いもんだけのもんじゃねーと。
ヒロトにもまだまだロッカーとして、素晴らしい作品やライヴをやっていってもらいたいと思うばかりだなと。
キヨシローは、天国でも名曲をバンバン作っていってくれよと。
しばらくは、脳内メーカーの絵で説明すると80%くらいが「忌野清志郎」でしめられてるのかもね・・・。

■クロマニヨンズ オフィシャル ホームページ■ 
 

aoyamarock_hiroto


















■ニコニコ動画■「忌野清志郎 青山ロックンロールショー 弔辞・甲本ヒロト」ある意味LIVE

 
■YouTube■忌野清志郎 告別式【TV】


忌野清志郎青山ロックンロールショーは、最高なロックショー!

忌野清志郎青山ロックンロールショーは、あっちの世界ではまだ行われているのだろうか?
オレはさ、当然のごとく参加出来なかったけど、どこかの誰かがYouTubeに青山ロンクンロールショーでのキヨシローをアップしててくれてたから、それ観て「キヨシロー、本当に死んだんだな・・・。」て思ったし、少し涙出そうになったし、実際ライヴで観たキヨシローのこととか思い出したりした。
オレ、まだ死なないと思うけど、死ぬ直前的な感じで、走馬灯の様にキヨシローが頭の中を駆け巡った。

キヨシローのアルバムは全部持ってるワケじゃないけど、キヨシローはやっぱり大好きなアーティストだったんだなって、思わずにはおれんのです。

キヨシロー似のタイマーズのゼリーも、もうこの世にはいないのか・・・。
一度、生で観てみたかったなー。
天国行って、タイマーズで逸見さんのことネタにして唄った「イツミさん」癌ネタだったけど、「まさか自分も癌で死ぬとは、あの当時思ってなかったでしょ?」って逸見さんにほくそ笑みながら言われんじゃないんかなとか思ったりもするね。
そんで、キヨシローが「あん時はネタにしてスミマセン・・・。」とか、ニヤニヤして言ってそう。
それと、フィッシュマンズの佐藤氏にも会って「佐藤くん、やっとセッション出来るね!」とか言って、似た様な声二人で盛り上がってるんだろうなー。
そう言う意味では、早く死にたい。
 
イヤイヤ、まだ死ねない。
てか、死にたくない、やっぱり。
でも、死んだら向こうに逝ったミュージシャンのライヴをたくさん観たい。

余談だが、青山ロックンロールショーで、キヨシローの遺族の写真撮る時にチャボに「邪魔!」って言った、馬鹿たれカメラマン、ホント空気読めってんだ!!!

ま、とにかく、キヨシロー、あの世でもガタ!ガタ!唄って、ジェームス・ブラウンと遊んどいでー! 

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■ 

aoyama01_kisyosiro








■YouTube■「2009.5.9 忌野清志郎 青山ロックンロールショー!!」LIVE


■YouTube■「忌野清志郎 青山ロックンロールショーのラスト『 雨上がりの夜空に』」LIVE 


■YouTube■「忌野清志郎が死んじまった「竹中直人氏コメント」(忌野清志郎さん告別式)」TV

忌野清志郎のロックな告別式開催!

忌野清志郎氏のラストステージが決まったとのこと。
200年5月9日正午から青山葬儀所で営まれる告別式。
その祭壇が、なんと!キヨシローの愛したコンサートステージに見立てて用意されることになったんだって。

「雨上がりの夜空に」「スローバラード」「僕の好きな先生」「トランジスタラジオ」といった、RCサクセション時代の名曲の数々や、「い・け・な・いルージュマジック」「デイ・ドリーム・ビリーバー」などのユニットや覆面名義(?)としての名曲を、キヨシローがファンの前で披露する“音楽葬”として告別式は執り行われるんだって。
最後のライヴ、是非とも参加したいものだね。
それか、スペシャとかで放送してくれれば嬉しい!
 
密葬の時も、キヨシローの生前ライブで披露した歌声と、ファンへ呼びかけた言葉が会場の外にまで響き渡ったんだって。
「最後までこんなに盛り上がってくれてありがとう。感謝してます」というキヨシローの生前のMCに、高橋康浩氏の司会のもと「故人でなく、ボスと呼ばせていただく。葬式ではなくライヴ! ゴキゲンだぜ、ベイベー!」と、ロック感いっぱいの葬儀という名のライヴに、仲井戸"チャボ"麗市氏、三宅伸治氏、竹中直人氏、箭内道彦氏、大竹しのぶさん、細野晴臣氏、坂本龍一教授、などの参列者はその言葉に大きな拍手を送り「キヨシローーーーー!」と、まるで、そこにキヨシローがいるかのごとく呼びかけたんだって。
ロッケンローだよ、キヨシロー!!!!!
 
出棺の時には、2008年2月に喉頭がんを克服して行った、日本武道館公演の際に着用していた、派手さが彼らしいピンクのスーツ姿で眠る棺のキヨシローの上に、愛用のギブソンのアコギを捧げ、他にもお気に入りのアイテムも棺に納められたんだって。
出棺の時にはね、棺にフラワーシャワーが舞い散り、チャボがキヨシローのホラ貝を振って見送ったんだって。
うぅ、泣ける・・・。
 
告別式で執り行うことになった「音楽葬」も、無宗教だったてのと、キヨシローの明るい性格を反映した形にするとのこと。
詳細は今後詰めることになってるみたいで、正午から午後1時は関係者、その後はファンも参加できるような形になるんだって。
また、遺作となった「Oh! RADIO」キヨシローの演奏によるデモトラックバージョンは、密葬の際初披露されたんだって。
元々この曲は、キヨシローが大阪ラジオ局、FM802のキャンペーン用に作詞作曲したもだったんだよね。
 
今年はさ、これから清志郎イヤーになりそだね。
きっと、貴重な音源なんかがまだあるんだろうから、是非とも聴いてみたいもんだね。
RCサクセション、ソロ、タイマーズ、LOVE JETS、ぴんくなどなどユニットごとの音源とかもリリースされれば買いますとも! 
んで、感想はね、天国に行けた時にキヨシローに直接伝えたいね。

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■
未だに見れない状態みたい。


■YouTube■「Oh!RADIO/RADIO SOUL 20」
音楽のみ

 

ジャパニーズロックゴッド忌野清志郎逝去、2009年5月2日午前0時51分

ジャパニーズロックのゴッド(キングを超えた存在になったんだね・・・)こと、忌野清志郎氏が2009年5月2日午前0時51分、癌性リンパ管症のため逝去した。
享年58歳・・・。
 
キヨシロー氏は2006年7月に喉頭癌の診断を受け、音楽活動を休止してたよね。
それで、2008年2月に日本武道館で復活ライブを行ったんだけど、7月には癌が腰に転移していることが分って、再びライブ活動を中止。
そして、放射線治療などを続けていたってこと。
 
今年に入ってからは盟友である間寛平氏のために書き下ろした新曲「RUN寛平RUN」と「走れ何処までも」を発表した。
また、FM802のキャンペーンソング「Oh! RADIO」の作詞作曲を担当。
本格的な再復帰が待たれていた矢先の訃報となった。
告別式は5月9日(土)13時から東京都青山葬儀所にて行われる。
喪主は妻の栗原景子さん。
当日は一般のファンの弔問も受け付けるとのこと。
 
ボスしけてるぜ!・・・なんて言わないから、天国で楽しくロッキンしてもらえてればなーと。
寛平ちゃんも、海の上でキヨシロー氏のこと知る事になんるだろうね。
天国ではやっぱり「E!E!E!キモちE!」って唄っておくれー!
そんで、オレが天国に行った時には、タイマーズの毒のある曲もリクエストしたいと思います。
逸見さんとも天国で会って、「あん時はネタにしてゴメンね」とか言ってそうだな。

とにかく、ロックをありがとうキヨシロー。

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■
※アクセス集中のため、表示されない場合あり※

キヨシロー@TOWER03




















 ■YouTube■「忌野清志郎追悼動画」←愛情を感じます!


■YouTube■「NHKニュース」TV

タイマーズ(THE TIMERS)/不死身のタイマーズ

タイマーズ(THE TIMERS)/不死身のタイマーズ
1995年リリース(廃盤)

あまりの歌詞の過激さ故か、メジャーからはもちろんリリースされず、インディーズからのリリースとなった、タイマーズの危険過ぎる名曲満載の名盤がこの「不死身のタイマーズ」なのね。
同時期にメジャーからタイマーズの音源がリリースされてるんだけど、そっちはギリメジャーサイドでOKな曲のみが収録されてて、こっちは全部危険な曲ばっかなのよね。
今はもうないけど、東京の日清パワーステーションっていうライヴハウスにてライヴ音源と、即発曲である「ヘリコプター」が収録されている。
「ヘリコプター」は、シングルでリリースされた「サヨナラはしない」のカップリングとして収録されてたね。
 
しっかし、清志郎氏似のゼリー氏と言う人は、なんともどえらい曲を作るよね、タイトルだけ見てもスゴイ。
1.ヘリコプター/2.夢のかけ橋/3.ゴミ/4.障害者と健常者/5.あこがれの北朝鮮/6.ブツ/7.トルエン/8.お前の股ぐら/9.イツミさん/10.トカレフ(精神異常者)/11.不死身のタイマーズ/12.リプライズ/13.最後の御挨拶
って、ね、スゴイっしょ。
タイトルだけで、メジャーから出せれたとしても伏せ字がいっぱいになってそうだ。
北朝鮮ネタなら、やっぱりロケットだろうな。
「日本を狙い撃ち!狙い撃ち!」みたいな歌詞だろうなきっと。 

あ、下のamazonのリンクだけど、全然ロープライスじゃないけど、ロープライス扱いになってるね。
きっとそれは、廃盤かつレア盤だからだと思う。 

出来ることなら、清志郎氏似のゼリー氏にまたタイマーズをやってもらいたいもんだね。
うん。

■追記■
清志郎氏はもうこの世にはいないけど、きっとあの世で、押尾事件や、のりピー事件や、鳩山のことやらなんやら唄ってることだろうと。
そういう意味では、早くあの世に行ってさ、一人タイマーズやってる清志郎氏を見てみたいと思う日々なのです。

■タイマーズ(忌野清志郎)オフィシャル ホームページ■


■YouTube■タイマーズ「あこがれの北朝鮮」LIVE

タイマーズ不死身のタイマーズ


最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ