邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

ロック葬

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

忌野清志郎青山ロックンロールショーは、最高なロックショー!

忌野清志郎青山ロックンロールショーは、あっちの世界ではまだ行われているのだろうか?
オレはさ、当然のごとく参加出来なかったけど、どこかの誰かがYouTubeに青山ロンクンロールショーでのキヨシローをアップしててくれてたから、それ観て「キヨシロー、本当に死んだんだな・・・。」て思ったし、少し涙出そうになったし、実際ライヴで観たキヨシローのこととか思い出したりした。
オレ、まだ死なないと思うけど、死ぬ直前的な感じで、走馬灯の様にキヨシローが頭の中を駆け巡った。

キヨシローのアルバムは全部持ってるワケじゃないけど、キヨシローはやっぱり大好きなアーティストだったんだなって、思わずにはおれんのです。

キヨシロー似のタイマーズのゼリーも、もうこの世にはいないのか・・・。
一度、生で観てみたかったなー。
天国行って、タイマーズで逸見さんのことネタにして唄った「イツミさん」癌ネタだったけど、「まさか自分も癌で死ぬとは、あの当時思ってなかったでしょ?」って逸見さんにほくそ笑みながら言われんじゃないんかなとか思ったりもするね。
そんで、キヨシローが「あん時はネタにしてスミマセン・・・。」とか、ニヤニヤして言ってそう。
それと、フィッシュマンズの佐藤氏にも会って「佐藤くん、やっとセッション出来るね!」とか言って、似た様な声二人で盛り上がってるんだろうなー。
そう言う意味では、早く死にたい。
 
イヤイヤ、まだ死ねない。
てか、死にたくない、やっぱり。
でも、死んだら向こうに逝ったミュージシャンのライヴをたくさん観たい。

余談だが、青山ロックンロールショーで、キヨシローの遺族の写真撮る時にチャボに「邪魔!」って言った、馬鹿たれカメラマン、ホント空気読めってんだ!!!

ま、とにかく、キヨシロー、あの世でもガタ!ガタ!唄って、ジェームス・ブラウンと遊んどいでー! 

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■ 

aoyama01_kisyosiro








■YouTube■「2009.5.9 忌野清志郎 青山ロックンロールショー!!」LIVE


■YouTube■「忌野清志郎 青山ロックンロールショーのラスト『 雨上がりの夜空に』」LIVE 


■YouTube■「忌野清志郎が死んじまった「竹中直人氏コメント」(忌野清志郎さん告別式)」TV

忌野清志郎のロックな告別式開催!

忌野清志郎氏のラストステージが決まったとのこと。
200年5月9日正午から青山葬儀所で営まれる告別式。
その祭壇が、なんと!キヨシローの愛したコンサートステージに見立てて用意されることになったんだって。

「雨上がりの夜空に」「スローバラード」「僕の好きな先生」「トランジスタラジオ」といった、RCサクセション時代の名曲の数々や、「い・け・な・いルージュマジック」「デイ・ドリーム・ビリーバー」などのユニットや覆面名義(?)としての名曲を、キヨシローがファンの前で披露する“音楽葬”として告別式は執り行われるんだって。
最後のライヴ、是非とも参加したいものだね。
それか、スペシャとかで放送してくれれば嬉しい!
 
密葬の時も、キヨシローの生前ライブで披露した歌声と、ファンへ呼びかけた言葉が会場の外にまで響き渡ったんだって。
「最後までこんなに盛り上がってくれてありがとう。感謝してます」というキヨシローの生前のMCに、高橋康浩氏の司会のもと「故人でなく、ボスと呼ばせていただく。葬式ではなくライヴ! ゴキゲンだぜ、ベイベー!」と、ロック感いっぱいの葬儀という名のライヴに、仲井戸"チャボ"麗市氏、三宅伸治氏、竹中直人氏、箭内道彦氏、大竹しのぶさん、細野晴臣氏、坂本龍一教授、などの参列者はその言葉に大きな拍手を送り「キヨシローーーーー!」と、まるで、そこにキヨシローがいるかのごとく呼びかけたんだって。
ロッケンローだよ、キヨシロー!!!!!
 
出棺の時には、2008年2月に喉頭がんを克服して行った、日本武道館公演の際に着用していた、派手さが彼らしいピンクのスーツ姿で眠る棺のキヨシローの上に、愛用のギブソンのアコギを捧げ、他にもお気に入りのアイテムも棺に納められたんだって。
出棺の時にはね、棺にフラワーシャワーが舞い散り、チャボがキヨシローのホラ貝を振って見送ったんだって。
うぅ、泣ける・・・。
 
告別式で執り行うことになった「音楽葬」も、無宗教だったてのと、キヨシローの明るい性格を反映した形にするとのこと。
詳細は今後詰めることになってるみたいで、正午から午後1時は関係者、その後はファンも参加できるような形になるんだって。
また、遺作となった「Oh! RADIO」キヨシローの演奏によるデモトラックバージョンは、密葬の際初披露されたんだって。
元々この曲は、キヨシローが大阪ラジオ局、FM802のキャンペーン用に作詞作曲したもだったんだよね。
 
今年はさ、これから清志郎イヤーになりそだね。
きっと、貴重な音源なんかがまだあるんだろうから、是非とも聴いてみたいもんだね。
RCサクセション、ソロ、タイマーズ、LOVE JETS、ぴんくなどなどユニットごとの音源とかもリリースされれば買いますとも! 
んで、感想はね、天国に行けた時にキヨシローに直接伝えたいね。

■忌野清志郎 オフィシャル ホームページ■
未だに見れない状態みたい。


■YouTube■「Oh!RADIO/RADIO SOUL 20」
音楽のみ

 
最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ