邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

ナンバーガール

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz

ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz
2010年リリース

きた!きた!きた!ナンバーガール直系のこのサウンド&ぺシャリ(語感)!
スッゴイ好きなのよ、こういった感じのサウンド。
少し変拍子なリズムに、字余りな歌詞。
そして、下世話なキーワード。
でもね、メロディーはとてもかっこよく響く。
そして、とってもダンサブル。
踊れるロックだよ、こりゃ。

00世代のナヨい感じのロックじゃなくて、あの、何、畳に空き瓶みたいな。
それってさ、丸まま向井秀徳じゃないのって感じだけどね。
男臭いっつーかさ、そんな感じなのよ。
取り敢えず。

何故、そんなに向井氏をひっぱるかってーとね、向井氏プロデュースなのよね、ボアズの今作。
もちろんレコーディングは、向井氏のスタジオMATSURI STUDIOにてレコーディングっと。
2009年のFUJI ROCKの新人枠であるROOKIE A GO-GOでも演奏は好評だったみたいだし、ホント2010年にメキメキ人気が出そうなバンドだと思う。
ナンバガ好きならば、嫌いなワケないと思うので、ゼヒともご購入をおすすめするんだな。



■YouTube■SuiseiNoboAz「水星より愛をこめて」PV



NUMBER GIRL(ナンバーガール)/NUM-HEAVYMETALLIC

ブログネタ
好きな音楽 に参加中!
NUMBER GIRL(ナンバーガール)/NUM-HEAVYMETALLIC
2002年リリース

メジャーからリリースされた3枚目であり、スタジオ録音盤としてはラストのアルバムがこの「NUM-HEAVYMETALLIC」。
今、向井秀徳氏がやってるバンドZAZEN BOYSに繋がるサウンドがこのアルバムを聴くことで、繋がってるなーてのが感じ取れるよね。
民謡あり、ダブありなある意味、ナンバーガールにしか出来んサウンドがここで聴けるのよね。
ただ爆音で、ラウドでスクリームじゃないサウンドがとっても耳に残るのよ。

今までありそで無かった気がするよね。
ある意味、和製ミクスチャーっていった感じ。
アルバムの出だしから、ハァ〜〜〜みたいな感じで、お祭りビートが始まり、現在VOLA & THE ORIENTAL MACHINEではボーカリストとしても活動してるアヒト・イナザワ氏の良い具合の民謡声を楽しむことが出来る。
ナンバガの要は、やっぱり向井氏の声や、特徴的な曲なんだろうけど、アヒト氏や、中尾氏、ひさ子ちゃんのブッといアンサンブルであることは間違いない。 

当時のライブを観て思ったのは、メンバーは淡々と演奏をしてたよね。
それもナンバーガールの格好良さだったかもね。

現在メジャーシーンで活動しているバンドにも、ナンバーガールテイスト溢れるバンドってちらほらいたりするよね。
直球なバンドもいれば、少し変化球で取り入れたバンドもいたりするよね。
メジャーでの活動時期こそ短かったけれど、それだけ、影響力があったってことだよね。うん。

■NUMBER GIRL オフィシャル ホームページ■


■YouTube■NUMBER GIRL「NUM-AMI-DABUTZ」PV


 
 
最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ