邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

エレカシ

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

エレファントカシマシ(Elephant Kashimashi)  トリビュート/エレファントカシマシ カヴァーアルバム2〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜

エレファントカシマシ(Elephant Kashimashi)  トリビュート/エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜
2013年リリース

さく〜らの〜〜〜ってな季節になってきたんで、そろそろ去年の冬に出たエレカシのトリビュート盤第二弾のことについて書いてみようかなと。
天気は上々散歩にと、上野の山を訪のたくなってしまうのです。
なんか、そんな温かさのある、エレカシ愛に溢れるトリビュートだなと。
宮本氏の耳の病気後の復帰の流れで作られたのかどうかは知らんけれども、なんだか優しさが溢れ出とる。

んでさ、メンツがニクい。
いわゆるパンク系から、フォーク系から、ロック系から、フェミニン系まで。
エレカシの曲ってこんなにアレンジ出来ちゃうんだ!驚き!みたいな。

初っ端から10-FEETに潔いエレカシのヒット曲「今宵の月のように」 があるかと思えば、次はオルタナ番長 TOSHI-LOW氏率いるBRAHMANによるエピック期の曲「月の夜」、そんでメロウに始まるTHE BACK HORNの「悲しみの果て」そして、割とファンじゃないと知らんやろ的なtacicaによる「リッスントゥザミュージック」、非常にリスペクト感あるなと。・・・なんだか、一口コメントみたいになってきたな。ま、いっか。

そして、秦基博氏による「風に吹かれて」なんか、人知れず熱い!みたいな、歌い込まれとるってのは伝わってくる。
そんな流れで、やや通的なGOING UNDER GROUNDによる「旅の途中」、こちらも優しさ伝わりまくりなのです。
そして、曽我部恵一氏の最近の日常ソング的な感じのバンバンリリースしてて、それにも入ってそうな、やんちゃくれな「デーデ」。
どのトリビュートにも漏れなくネタ付のグループ魂による「ふわふわ」、あまちゃんの北三陸高校潜水土木科のあの先生のボケ的な聴き方をするとまた面白い。
ちょいちょいエレカシワードを抛ってきてて、クドカンへの愛、感じるす。
さあさあ!ただの一口コメントもあと少し!

本家の曲より、真っ当なミクスチャー感ありありなRIZEのKenKen氏による「ガストロンジャー」。
密やかに熱が滾ってるみたいな、個人的にはすんなり入ってくるガストロンジャーだなと。
んで、ここで唯一の女性ボーカル登場!Chara × THE NOVEMBERSによるドリーミンな「月夜の散歩」、そのまま寝ちゃいそう的なね。
そして、大トリはDragon Ashによる「さらば青春」、コレもうDragon Ashの曲でしょ、てな具合のハマリ様。
元々、エレカシの宮本氏は一時期Dragon Ashも聴いてたらしく、スゴく影響されたとこがあったみたいなんで、廻り巡って元に戻したみたいな感じだろうか。

と、一口コメント、終わりました。
前作のトリビュートも良かったけれど、繰り返し聴きたくなる度で言えばこちらが上だったかなと。
それと、ジャケの新井英樹氏のマンガ「宮本から君へ」も、前作松本大洋氏の「花男」同様、エレカシに影響されてて、モロ関係ありありで、ジャケに持って来いだなって。

エレファントカシマシファンは当然だけど、それぞれのアーティストのファンの人にも聴いてもらいたい、発見ありありなトリビュートなのだ!


■収録曲■
01.今宵の月のように / 10-FEET 
02.月の夜 / BRAHMAN
03.悲しみの果て / THE BACK HORN
04.リッスントゥザミュージック / tacica 
05.風に吹かれて / 秦基博
06.旅の途中 / GOING UNDER GROUND
07.デーデ / 曽我部恵一
08.ふわふわ / グループ魂
09.ガストロンジャー / KenKen
10.月夜の散歩 / Chara × THE NOVEMBERS
11.さらば青春 / Dragon Ash



■YouTube■「ふわふわ グループ魂」音声のみ

 
■YouTube■秦基博 悲しみの果て(MUSIC FIGHTER 2008年の映像です。
エレファントカシマシの「悲しみの果て」からの「鱗(うろこ)」。)
 
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2


エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition

エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition
2013年リリース

え〜っと、出ました!デビュー25周年企画盤!
本当のタイトルはスゴイ長い。
【great album deluxe edition series 1「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition】っていうタイトルが付いているのよ。

ここからがエレカシの始まりなワケで、正にメモリアルなモノによるメモリアルな一枚が登場したって感じだなと。
先ずね、即発の1stと聴き比べてみたところ、お!おっ!おおおっ!ってな具合で、音がバキバキハッキリしてて、なんかね、オルタナティブバンドの様。
ま、1988年当時にはかなりオルタナティブな扱いだったと思う。
でも、当時にはオルタナティブって言葉を音楽業界では使ってなかっただろうし、そんなバンドもあんまりいなかったんじゃないかって思う。
とにかく、オルタナティブであると! 
ん〜、当時は、いわゆるバンドブームってヤツが流行った時代だから、ビート系のバンドとかがもてはやされてたんではなかろうか?
その辺の時代がどうなってたかとかよく知らないので、気になる方は独自で調べてね!っと。

とにかくね、このリマスター盤により、オレの好きな感じのエレカシが、リアルタイムなサウンドになって帰って来たなぁと。
エピック期のエレカシが好きな方ならば、間違いなく一家に一枚なモノだと思う。
宮本のボーカルが、石くんのギターが、成ちゃんのベースが、トミのドラムがとにかくパワフル!
とにかく、キレっキレなのである!
しかも、嬉しいことに、レコード会社にあったという、当時音源にならなかったトラック(要はボツテイク)から、新たに「ファイティングマン」、「習わぬ経を読む男」、「BLUE DAYS」、「花男」をニューミックスし、1stに収録されていたこの4曲だから、聴き馴染みがあるハズなのに、まったく新しい!
特に宮本氏のボーカルのテイクが明らかに違って、当時のOKテイクのものよりも荒っぽくオルタナティブ感が高い。
長いことエレカシのファンやってて、ホント良かった〜オレって思う瞬間だったもん!
と、まだまだ色々掘り下げたいとこだけど、ボーナスディスクのことも触れたいので、本編ここまで。押忍!

んでね、ボーナスディスクは、1988年に行なわれた渋谷公会堂のライブ音源が、ノーカットで収録されているという、ホント、鼻血ブ〜〜〜!状態(古くてゴメン)。
以前リリースされた「エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994」(以前書いたレビューあり)にも入ってたアレアレ!てな具合で、「何やってんでキミはそこで〜!」って、宮本氏がカメラマンに向かって言ってるヤツ。
それが、始まりから終わりまでしかっと聴けるっていう、本当にこちらもメモリアルな一枚に仕上がってる。
エレファントカシマシを知る上で、とても意味のある企画盤だなと。
今回リリースされた3作品の中でも、ズバ抜けて質の高い作品ではないのかなと、うん。
初期のイライラして、ピリピリしたムードのエレカシを堪能したいのであれば、間違いなく聴いておくべき作品であるということは言うまでも無い!ちゅうこと。
完全生産限定盤なので、無くなってプレミア価格になる前にゼヒ!ゼヒ!

とりあえず、耳の調子も良くなって、2013年完全復活した宮本氏の新たなるエレファントカシマシに期待しつつ、この原点回帰的な作品を楽しみたいと思うのです。ハイ。 




■YouTube■「エレファントカシマシ「ファイティングマン」 THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition ver.」LIVE


エレファントカシマシ1stdeluxe edition

エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/EPIC映像作品集 1988-1994

エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/EPIC映像作品集 1988-1994
2011年リリース

やっと出る〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
と、気持ち高ぶり気味に、ブログも復活したのよ。
どうもどうも。
しかし、今回は音源ではなく、映像集なんよね。
でもさ、コレ、ん〜ここ10年間くらい出るのず〜〜〜っと待ってた。
正直今のエレカシより、このエピック期のエレカシのがスキなんです。
ま、今のエレカシもスキだけど、スキ具合とか、曲に対する思い入れとか、そんなもんひっくるめてこっちのがスキなんだなと。

昔、テレビでeZってのがあってて、エピックレコード所属のアーティストがメインに出てるヤツがあって、それにチョクチョクエレカシも出てたんよね。
当時は、ボ・ガンボスとかスパークスゴーゴーとか出てて、そっちばっかに興味持って観てたけど、エレカシが出た時は、当時ファンじゃなかったけど、衝撃を受けた気がする。

ズッコケても唄い続ける宮本の「珍奇男」とか、東京のどっかの横断歩道で青になるの待ってるエレカシの4人をたんたんと映してるやつとか、宮本一人で登場して「奴隷天国」ガガ〜歌って、マイクポイしてステージから降りて帰ったヤツとか、今になっても思い出す、もしくはYouTubeで再び観る。
が、遂に作品として、パッケージングされた状態で観れるとは!

エレカシは、2010年までに20枚もアルバム出してきただけあって、音の変貌はかなりのものだけど、やっぱりコレがエレファントカシマシというバンドの原点なんだって、最近のエレカシしか知らない人たちにもゼヒ観てもらいたい。

個人的には、EPIC映像作品集リリースツアーとかしてくれんもんかね。
エピック期くくりでやるツアー。
絶対、全曲熱唱する。
そして、着てるお客さん年齢層高めで、宮本に対してのラブな目線なんて皆無。
バンド対お客さんってな具合で、そりゃーもー3000席日本武道館状態ってな具合。
照明はもちろん、真っ赤で、飾りっけゼロなステージ。
おまけに宮本が毒づいててくれれば尚最高かと。
って、これはあくまで個人的な願いってワケ。
オフィシャルに収録内容が掲載されていたのでテンテロリ〜んと。

エレファントカシマシデビュー(SPOT) 
デーデ(SPOT from eZ) 
ファイティングマン(from eZ)
やさしさ(MUSIC VIDEO from eZ) 
ファイティングマン(1988.09.10 渋谷公会堂) 
ふわふわ(1988.09.10 渋谷公会堂) 
太陽ギラギラ(MUSIC VIDEO from eZ) 
待つ男(1989.02.09 目黒鹿鳴館) 
珍奇男(MUSIC VIDEO from eZ) 
浮雲男(MUSIC VIDEO from eZ) 
太陽ギラギラ(MUSIC VIDEO from eZ) 
見果てぬ夢(MUSIC VIDEO from eZ) 
浮雲男(from eZ)
うつら うつら(MUSIC VIDEO) 
おはよう こんにちは(from eZ 1989.08.17富士急ハイランドコニファーフォレスト) 
男は行く(SPOT) 
男は行く(MUSIC VIDEO from eZ) 
eZダイジェスト(SPOT) 
夢のちまた(1991.01.04 日本武道館) 
月の夜(1991.01.04 日本武道館) 
男は行く(1991.01.04 日本武道館) 
ひまつぶし人生(SPOT) 
曙光(MUSIC VIDEO from eZ) 
シャララ/過ぎゆく日々/夕立をまってた/何も無き一夜/曙光 
(from eZ 1992.02.29 吉祥寺バウスシアター) 
奴隷天国(eZ a GO! GO! 14th) 
奴隷天国(eZ a GO! GO! 24th) 
DIGEST OF 東京の空 
(この世は最高!/もしも願いが叶うなら/甘い夢さえ/星の降るような夜に) 
奴隷天国(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
誰かのささやき(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
デーデ(1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
東京の空(with 近藤等則 1994.09.15 日比谷野外音楽堂) 
ファイティングマン(1994.09.15 日比谷野外音楽堂)

・・・総時間149分!堪りません!としか言えん!
そして、一緒にライブ音源の上巻も早く発売してもらいたいもんだ。
また、amazonとライブ会場限定なら、発売されるんだったら、即ゲットせねば!



■YouTube■「エレファントカシマシ/珍奇男」PV

エレファントカシマシEPIC映像作品集19881994



最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ