邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

インディーズ

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

日本人の日本人によるロックンロール

ブログネタ
自分にとっての名曲とは? に参加中!
ども六九(ロック)エモ太です。

邦楽ロックンロールがごはんよりも大好きなヤツです。
でもね、いわゆるメジャーなバンドとかはあまり聴きません。
どちらかと言えば、インディーズで活動してるようなノリのバンドとか聴いてます。
ノリというか、実際インディーズで活動してるバンドも好きなのだ。
今や、メジャーもインディーもあまり関係ない感じもする今日この頃ですが、やっぱりDIY精神で音楽やってる人の方が伝えようっていう気持ちが強いと思うだよね。
だからさ、とにかくインディーズの人のが感動っていうか、伝わり度が高いってこと。

そんな感じで、なんでみんな聴かないのよ?っていう名盤を、これもあれもそれもっていう具合で紹介していければなーってことで始めました。
かなり不定期な更新にはなると思いますが、このページを見たあなたの感受性にビンと来ることを願って書いていきたいと思います。

んでは、ロックンロー!!!!!!!

■追記■
★あ〜っと、ブログのデザインを変更し、ちょっとてこ入れしつつ、オレが聴いてるっぽいのを好きな人に、オレが気に入った作品を紹介していけたらなぁと。ハイ。

■あ、日々ネタはTwitterでヘロヘロと書いてます。
気が向いたらフォローしてみたりして下さいね!


【PR】amazon CDとかDVDとか安いのです!BUY!CD&DVD!!!

Last.fmでどんなもの聴いてるか確認出来るのです!
iTunesそっくりなデザインがかっけ〜!
やっぱり、エレカシとイースタンが多いのね。
興味がある人は↓クリックして登録!登録!
ちなみに、自分のはこんな感じ⇒last.fm【emota_emota】



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ←登ってやるベスト10以内に!・・・と、そんな野心はございません☆
にほんブログ村


emota







よろしくどうぞ〜!

アナログフィッシュ(Analog Fish)/アナログフィッシュ

ブログネタ
ロックの名盤と言えばコレ! に参加中!
アナログフィッシュ(Analog Fish)/アナログフィッシュ 2004年

これは、インディーズ時代にリリースされたアルバムとミニアルバムをメジャーデビューするにあたり、リマスターされて出たメジャープレデビュー的な1枚なんだけど、この時代の荒削り具合が実は好きなんだな。

ボーカルは、元気一発!のベースの佐々木氏で、どこかエキセントリックなボーカルなのは、ギターの下岡氏。
その二人のボーカルを、コーラスでまとめるのは、ドラムの斉藤氏(現在は、病気のため脱退)。
なんか、三人のバランスがスゴイいいのね。
あんなにタイプの違うボーカル2人なのに、3人でやると唄も曲もスゴイまとまってるんだな。
それがアナログの良さであり、武器なのかも知れんね。

さらっと毒のあるとことかも、この頃の良さかもなって思う。
メジャーデビュー後のアルバムは、なんだかきれい事だけで曲作ったみたいな感じで、どこかクセっていうか、個性っていうか、そんなものが失せた気がしたんだけど、メジャー契約が終了してリリースされた、インディーズ盤は、昔のアナログの良さがちょっと戻った気がするね。

そんなこんなで、このインディーズ期の作品、「世界は幻」「日曜日の夜みたいだ」が一度に聴けるこのアルバムがオススメってワケやね。

■アナログフィッシュ オフィシャル ホームページ■


■YouTube■アナログフィッシュ「夕暮れ」PV



OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)/アルファベータ vs. ラムダ

ブログネタ
ロックの名盤と言えばコレ! に参加中!
OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)/アルファベータ vs. ラムダ
2007年

そう、最初はさ、バンド名読めなかったよね、正直。
でも、今じゃばっちり!海外のバンドモデストマウスのメンバーから頂いたというバンド名(詳しくはWIKIとかで調べてね)。
なんともバンド名とは裏腹な、シャイな兄さんたち(イメージ)が奏でるロックンロールは、なんとも不思議な世界にトリップする感じだね。
それでいて、メロも特徴的なら歌詞も特徴的。
ある意味、意味不明なのね。
でもさ、それがまたぐっとくるポイントだったりする訳さ。

不可解なとこに惹かれることない?
オレは良くあるよ。
大胆さ、アルバムのタイトルがバトルだよ!アルファ対ベータって。
その昔の兄弟怪獣「サンダ対ガイラ」みたいなものなのかね?
ま、それにしても独特なのよ。
少しニューウエーブでサイケで、エレクトリックな感じ。

おすすめは、「コインランドリー」と「フラッグ」と「バックシート」っていう、頭3曲。
曲のタイトルもなんかソレだけじゃただの固有名詞みたいなもんだけど、曲聴くとなんか気づくことがあるよね。
なんか、コインランドリーって言葉にしても、フラッグって言葉にしても、バックシートって言葉にしても、「生きてる」感じする。
なんかそんなもんを彼らのサウンドには感じるのです。

最近メジャーデビューもしたことだし、2009年の大注目になること間違いなしっす!

■OGRE YOU ASSHOLE オフィシャル ホームページ■



■YouTube■「フラッグ」PV

 

 

eastern youth(イースタンユース)/孤立無援の花

ブログネタ
みなさんのおきにいりアーティスト に参加中!
eastern youth(イースタンユース)/孤立無援の花 
1997年(現在廃盤)

人生に於いて、このアルバムの重要性とはかなりのものを占めてるな。
だってね、生抜き方が尋常じゃないワケよ。
ある意味、青春炸裂っていうかさ。
一時期さ、青春パンクとか訳が解らんジャンルを業界の人が考えたみたいだけど、バカこけっ!って感じだよ。
誰にとっての青春パンクなのよ。

そんなこんな言ってる間に、このアルバム聴く訳さ。
1曲目の「いずこへ」からさ、この高揚感何よ!ってくらい熱いのよ。
言葉じゃあまり伝わらないから、音源聴くに限るんだけど、無理矢理言葉で表現するとね「フンガラブンガラヤーってブワブワブワ〜って!ドウリャー!」って感じ。
ん?伝わった?
とにかく、感情を音に、唄にぶち込んだ感じだね。
人生辛い時は、コレ聴いてテンション上げて、また明日もガンバンぞ!
って、そんな感じさね。

ちなみに、レコーディングエンジニアは、うっちーこと内海幸雄さんて、エレカシとかもやってる方だったりするのだ。
エピック期エレカシが好きな人にもおすすめな一枚ですぞ。

■eastern youth オフィシャル ホームページ■


■YouTube■eastern youth「いずこへ」LIVE

_SL500_AA300_


最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ