邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

00年代

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

フジファブリック(FUJIFABRIC)/TEENAGER

フジファブリック(FUJIFABRIC)/TEENAGER
2008年リリース

ん〜と、そうね〜。
今年になってからどっぷりとフジファブ三昧でございますよ。
でも、ボーカルでありメインで楽曲(特に歌詞)を作ってた志村氏は既にこの世にはいないっていう・・・。
でもね、こうやって音源があることでアーカイブ的に後追いも出来る。
そして、志村氏はもういないけど、バンドは未だに健在だっていう、これが救いだよね、ホントに。

そんなフジファブリックのメジャー3rdアルバムがこのTEENAGER。
リリースされた当時はなんか、フジファブって気分じゃなくて、随分と聴いてなかったワケだけど、今になって聴いたらほんとに名盤!フジファブリックというバンドの中でもベストバランスなんじゃないのっていうぐらいに。

作詞は全曲志村氏だけど、曲は山内氏とか金澤氏も参加してるし(加藤氏はまだ作詞とかしてないみたい)、バラエティに富んでる曲たちが並ぶ。

出だしはとってもふんわりとした感じの「ペダル」で始まり、〆はなんだか賑やかな感じの「TEENAGER」で終わる。
ほんと、アルバム感がある一枚だなって。

前作のリリースから2年2ヶ月もスパンを開いたみたいだけど、志村氏の中で色々とあったんだろうね。
このアルバムリリース前にドラムの足立氏が脱退してサポートドラマーとやってたみたいだし。
そういうのは志村氏の日記をまとめた『東京、音楽、ロックンロール』(ロッキング・オン社刊)でがっつり分かる。
あんまりネガティブなこと書かないように当時はしたって、本にまとめる際に追加されたコメントに書いてあった。

でも、その間はライブをかなりの数やってたんで、音源は出してなかったけど、なんかやれる!みたいな感じはあったんだろうね。
その結果が如実に現れたのがこの「TEENAGER」なんだと思う。

リアルタイムで聴いてたのは「FAB FOX」までだったから、本当に後悔先に立たずである。

QUEENの「WE WILL ROCK YOU」もガツンと歌える志村氏の今後が楽しみでならなくなったであろう、そんな作品だなと。・・・当時リアルタイムで聴いた雰囲気でまとめてみましたとさ。

でも、次回作はとってもヘヴィーなんだよね・・・。
無理しちゃダメだ!志村正彦!!!って、知り合いだったら言ってあげたいし、話ししたかったなと。

現在の3人態勢のフジファブに繋がる世界観もある「TEENAGER」。総くんファンのあなたも是非チェックを!




■YouTube■『フジファブリック 「若者のすべて」 Live at ryogoku kokugikan』LIVE


fuji_teen


SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz

ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz
2010年リリース

きた!きた!きた!ナンバーガール直系のこのサウンド&ぺシャリ(語感)!
スッゴイ好きなのよ、こういった感じのサウンド。
少し変拍子なリズムに、字余りな歌詞。
そして、下世話なキーワード。
でもね、メロディーはとてもかっこよく響く。
そして、とってもダンサブル。
踊れるロックだよ、こりゃ。

00世代のナヨい感じのロックじゃなくて、あの、何、畳に空き瓶みたいな。
それってさ、丸まま向井秀徳じゃないのって感じだけどね。
男臭いっつーかさ、そんな感じなのよ。
取り敢えず。

何故、そんなに向井氏をひっぱるかってーとね、向井氏プロデュースなのよね、ボアズの今作。
もちろんレコーディングは、向井氏のスタジオMATSURI STUDIOにてレコーディングっと。
2009年のFUJI ROCKの新人枠であるROOKIE A GO-GOでも演奏は好評だったみたいだし、ホント2010年にメキメキ人気が出そうなバンドだと思う。
ナンバガ好きならば、嫌いなワケないと思うので、ゼヒともご購入をおすすめするんだな。



■YouTube■SuiseiNoboAz「水星より愛をこめて」PV



曽我部恵一BAND(そかべけいいちバンド)/キラキラ!

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
曽我部恵一BAND/キラキラ!
2008年リリース
 
サニーデイ・サービスの頃とは打って変わって、カナリロッキンな曲をやっちゃってる、ソカバンこと曽我部恵一BAND。
言うなれば、遅れてやって来た青春とでも言おうか。
ま、そんなテンションで作られてんだと思う。
自身のレーベルからリリースしてるから、リリース頻度もハンパないのよね。
好きな時に好きなだけ出す!みたいなね。
ま、そんなソカバンの勢いが好きなんだけどね。

今迄にも、「曽我部恵一BAND」名義でレコーディングしたものはあったものの、スタジオ録音できっかり録ったのはこのアルバムが初となるワケね。
だから、これソカバンの1stアルバムなのね。
サニーデイ時代の名曲「青春狂走曲」も、かなり高いテンション&BPMでカバーされていたりと、ある意味やりたい放題みたいな。
でも、それを今やりたいから、オレがやるみたいな感じなのかも知らんね。
 
このアルバムのポイントとしては、高校生が、ピストル風でとか、クラッシュ風でとか、ニルヴァーナ風でとか、そんな感じで曲作ってみんなでやろうよ!ってなノリをビンビンに感じるね。
ちなみに、ジャケで曽我部氏が着てるTシャツは、bloodthirsty butchersの結成20周年記念Tシャツだったりする。
ソカバンも目指せ!結成20周年! 

昔サニーデイファンだったあなたや、銀杏BOYZとかが好きなあたなにカナリオススメな1枚なのです。ハイ。

■曽我部恵一BAND オフィシャル ホームページ■


■YouTube■曽我部恵一BAND「魔法のバスに乗って」PV




 

チャットモンチー(chatmonchy)/chatmonchy has come

ブログネタ
※おすすめの女性ボーカル※ に参加中!
チャットモンチー(chatmonchy)/chatmonchy has come
2005年

チャットモンチーの記念すべき、メジャー作がこのミニアルバム。
リリースされた時は、もちろんまだまだ無名のバンド女子大生バンドっていった感じだったよね。
しかも、from徳島って、どこなのどかなムードだったよね、見た目とかが。
でもさ、曲はなんか光る物を感じたよね。
ま、デビュー前にロッキングオン・ジャパンで紹介されててそれでオレも知ったんだけどね。

インターネット上でもまだまだ情報があんまりなかったよね。
そんな頃のチャットモンチーは、なんだか青々しいさがいっぱいだった。
でもさ、プロデューサーが良かったんだろうね。
スンゴイ良い具合なオルタナ感によって、ただのギャルバンサウンドじゃなくなってる。
そのプロデューサーって言うのが、元スーパーカーの石渡淳治氏って知って、スゴイ納得したよね当時。

個人的には、「惚れたホタル」がスゴイ染みるんだな。
基本、チャットモンチーの歌は、恋ネタが割と多いんだけど、中でもこの曲はさ、映画出来るんじゃない?若しくは、映画のエンディングに最適!って言ったとこ。

だから、チャットモンチーファンなら、このミニアルバムはマストだと思う。
今のハリキリポップなチャットモンチーも良いけど、このチャットモンチーも最高なのです!

■チャットモンチー オフィシャル ホームページ■


■YouTube■チャットモンチー「ヒストリー」TV



DOES(ドーズ)/NEWOLD

ブログネタ
好きな音楽 に参加中!
DOES(ドーズ)/NEWOLD
2006年

DOESのレコード会社がソニーだからか、一曲目は「ウォークマン」って、偶然?必然?
ま、そんなこたどーでもいいね。ハハ。
んで、そんなDOESのメジャーファーストでもあり、DOESバンド史上でもファーストなんだよね、このアルバム。

エッジの効いたサウンドが、耳に突き刺さる。
それでいて、すっごく男っ臭いだな。
福岡で結成されて、福岡で活動後、東京上京したんだけど、ファーストでは福岡在住時代に出来た曲と、東京に行ってから出来た曲が上手く混ざってる気がする。

DOESのどこか日本を感じさせるメロとか、ツボに来るんだよねー。
なんだろ、お祭りのお囃子とかそんなもんに近い物を感じる。
ま、曲はゴリゴリのロックなんだけどね。 

ミッシェルが所属してた事務所である、ロッキンブルースにDOESも所属してるんだけど、氏原氏のボーカルがどこかチバユウスケ氏っぽいとこもあるから、同じ事務所なのかね?
ま、そんなこたシロートが分かるワケも無いんだけどね・・・。 

銀魂での「修羅」や「曇天」のスマッシュヒット以前の、ロック好きによるロック好きのためのロックなアルバムをゼヒ! 

■DOES オフィシャル ホームページ■

■DOES レコード会社 オフィシャル ホームページ■


■YouTube■DOES「2008年ツアー曇天の道 FINAL@福岡VIVRE HALL」LIVE 


あぶらだこ(aburadako)/あぶらだこ(通称:舟盤)

ブログネタ
ロックの名盤と言えばコレ! に参加中!
あぶらだこ(aburadako)/あぶらだこ(通称:舟盤)
2008年

どこまでいってもあぶらだこなんだなって、思うしかないね。
凄いよ、とにかく。
誰がどう聴いたってあぶらだこなんだと。
あ、ちなみに、あぶらだこってアルバムタイトルは全て「あぶらだこ」だから、今作はジャケから「舟盤」と命名されてるのよ。

どこか和のテイストのある曲やリズムが、とっても心に染みるのです。
なんてんだろ、とっても変なリズムや曲なのに聴いてると気持ちいいだと。
なんかね、スゴイ田舎のお祭り舞台にしれーっと、登場しててもきっと馴染むと思う。
そんな雰囲気の1枚って感じ。
様は、日本人の琴線ど真ん中なんではないかと。
そりゃね、ちょっとヒロトモさんのボーカルエグイとかキモイとか思うやからもいると思うけど、そんなんじゃダメなんだと。
それ越えるくらいガッツリ聴け!と。

あぶらだこって、基本的にこころじわ〜ん系の曲ってやらないバンドかと思ってたけど、舟盤にはそれがあるのだよ!
じっくり聴きたくなる、秋の夜長とか、真夏の真夜中とかさ。
人生のどんずまりになろうとも、なんかやってやるぜ!とか思うのさ。
ホント、なんかそんなものを感じれる1枚でもあるのよ。
うん。

■あぶらだこ オフィシャル ホームページ■


■YouTube■あぶらだこ「猫の角」PV

あぶらだこ舟盤


OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)/アルファベータ vs. ラムダ

ブログネタ
ロックの名盤と言えばコレ! に参加中!
OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)/アルファベータ vs. ラムダ
2007年

そう、最初はさ、バンド名読めなかったよね、正直。
でも、今じゃばっちり!海外のバンドモデストマウスのメンバーから頂いたというバンド名(詳しくはWIKIとかで調べてね)。
なんともバンド名とは裏腹な、シャイな兄さんたち(イメージ)が奏でるロックンロールは、なんとも不思議な世界にトリップする感じだね。
それでいて、メロも特徴的なら歌詞も特徴的。
ある意味、意味不明なのね。
でもさ、それがまたぐっとくるポイントだったりする訳さ。

不可解なとこに惹かれることない?
オレは良くあるよ。
大胆さ、アルバムのタイトルがバトルだよ!アルファ対ベータって。
その昔の兄弟怪獣「サンダ対ガイラ」みたいなものなのかね?
ま、それにしても独特なのよ。
少しニューウエーブでサイケで、エレクトリックな感じ。

おすすめは、「コインランドリー」と「フラッグ」と「バックシート」っていう、頭3曲。
曲のタイトルもなんかソレだけじゃただの固有名詞みたいなもんだけど、曲聴くとなんか気づくことがあるよね。
なんか、コインランドリーって言葉にしても、フラッグって言葉にしても、バックシートって言葉にしても、「生きてる」感じする。
なんかそんなもんを彼らのサウンドには感じるのです。

最近メジャーデビューもしたことだし、2009年の大注目になること間違いなしっす!

■OGRE YOU ASSHOLE オフィシャル ホームページ■



■YouTube■「フラッグ」PV

 

 
最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ