邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

eastern youth

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

eastern youth(イースタン ユース)/叙景ゼロ番地

eastern youth(イースタン ユース)/叙景ゼロ番地
2012年リリース

とりあえずは、あれから1年が経って、2012年もぼちぼち終わりだな〜って。
そんなことぽか〜んって考えてて、したら、吉野さんも歌詞で「2012年〜」って歌ってててな具合で。
2012年になっても、震災のことは忘れちゃいかんって、再確認させられた。
今回の作品のインタビュー記事とか読んでも、やっぱ震災のことありきだってコメントしてあった。

そんな意味で、初っ端の曲は「グッドバイ」で始まってんのかな〜って。
んで、〆は「ゼロから全てが始まる」てな具合に。
そして、その作品のステージが「叙景ゼロ番地」。
な〜んもね〜、だからまた一歩一歩確実に前に前進して行くって、そんな吉野さんからの言葉がいつも以上にどっかりと響く。

イースタンの曲って、すごく地に足が着いていて、とてもリアルっていうか、いい意味で飾りっけが無いっていうか、まぁ、なんか裏とか全く無くって、直球勝負みたいな。
そこがずっと好きで聴いてるってのもあるけれども、今回はその直球具合がドガン!ドガン!とやってくる。
よく個人のレビューとかにも書いてあったけど、確かに「昔」のイースタンの感じがするって書いてあったのね、ふんふん、確かにそんな感じもある。
「365歩のブルース」辺りからのタイトなイースタンというよりか、メジャーになったころの「旅路ニ季節ガ燃エ落チル」辺りの激しい雰囲気がある。
でもね、そこはやっぱり、山あり谷ありで色々と越えてきて、今があるって感じで、絶叫してる曲ばっかじゃなくて、しっかりと歌う曲とか静かなトーンの曲とか色々やってきての「今」って、そんなんオレが言わなくても分かるわいってな感じだけれども。

ちゅうことで、しっかり一本イースタンなのよ。
寄り道なんてしてない、ずっとイースタンユースだなって。
だからね、次のアルバムが出るときに、ドフォークになってても、しっかりイースタンなんじゃないかって。
どっかのバンドみたいに、アレやったりコレやったりって意味じゃなくて、ともかくずっとイースタンユースでいてくれると思う。

ちょっとこういうおっさんバンドは苦手〜とか、ダセ〜とか言う前に、一度は聴いとくべき、日本人なら。
サラリーマンとかやってて、毎日朝から晩までペラッペラになるまで働いてるって人にも、命のドリンクいかがですか!ってな具合に聴いてもらいたい。
でも、一番聴いてもらいたいのは、震災で被害にあった人たちに聴いてもらうべきやね。
絶望する前に、何かを諦める前に、この「叙景ゼロ番地」を聴いて、ゼロから全てを始めてもらいたい。うん。





■YouTube■【MV】呼んでいるのは誰なんだ? − eastern youth


easternyouth叙景ゼロ番地



bedside yoshino(ベッドサイド ヨシノ)/ナニクソ節

bedside yoshino(ベッドサイド ヨシノ)/ナニクソ節
2011年発表
 
今回は、「盤」ではないですが、紹介しておくべきと思い、書いてみました。



地震があって日本は間違いなく、想像していた方向とは全然違うところに進んで行ってると思う。
もしかしたら、日本全体がダメになることもあるかも知れない。
都市機能が完全にマヒして、良からぬことが次から次に起こっていくかも知れない。
でも、今、生きてる人は生きてる限りそれを受け入れていくしかない。
ま、金持ちは逃げて安全なとこでのほほ〜んて生きていくんだろうけど・・・、そんなヤツラはほっとけ。

地震で多くの人が亡くなって、家族や友人や知人と散り散りになって、ホント未来とか考えれん状況とかで被災した人たちは、日々、生きて行くのやっとってとこだと思う。
自分の住む福岡でさえ地震の余波が確実に迫ってる。
例えば原発のこととか、食料のこととか。
でもね、ホント受け入れて生きていくしかない状況なのかも知れん。

んで、地震後、多くのミュージシャンが被災した人たちに向けた楽曲を配信や公開している。
eastern youthの吉野氏もこのタイミングで、魂こもった楽曲を発表した。
動画のコメントには、「ポンコツ野郎に出来る事は極めて少ない。しかし、ポンコツだって負けたくない。」という吉野氏らしいコメントが付いてた。

太陽がある限り、風が吹く限り、強く生きて行こうじゃないか!
クソッタレだぜ!ぶっ倒れたって這い上がるぜ!死んでる様に生きてたって仕方ねえぜ!
って、気持ちにさせられる。

eastern youthもそうだけど、人生に活力を与えてくれるものをスゴく感じる。
ま、人それぞれ色々な考えや趣向があるから、みんながみんなピンとくるワケじゃないとは思うけど、オレとしては、本当にありがとうって気持ちになる。

人生ナニクソ畜生!負けて堪るか!ってとこだ。
今回の地震で被災された人たち、特にeastern youthが好きな人たちに届くことを切に願う。

yoshino_hisashi

■YouTube■bedside yoshino 『ナニクソ節』MV



eastern youth(イースタンユース)/歩幅と太陽

ブログネタ
このアーティストこそロックだぜ!! に参加中!
eastern youth(イースタンユース)/歩幅と太陽
2009年リリース

どこまでもイースタンユースだし、ここからがイースタンユースな様な気もする。
そんなことを思わせてくれる作品が今作「歩幅と太陽」だと思う。
人生はそんなに甘くないし、何があるかも分からない。
でも、そこには微かながらも希望があるじゃないか!
何にもしないで死ぬ前に、何かやってから死んどけ!的な、心の応援歌満載なワケよ。

イースタンユースに励まされて、此処まで生きて来たってこともある気がする。
人生において必要なものは衣食住だけじゃないとオレは思う。
それはさ、「音楽」なのよ。
「そんなこたね〜よ、馬鹿かオマエ」って言たいヤツは言えよ!
イースタンユースに知り合わない人生だとしたら、何のために今の時代の日本に生まれたのよ?って本気で思う。
40代になろうが70代になろうが、CDが無くなろうが、データなデジタルオーディオだけになろうがさ、ホントに聴き続けると思うし。
とにかくね、イースタンユースはさ、人生の宝だと言いたい。

一切合切太陽みたい輝いて、肉屋の婆さんが神様みたい輝いてって、ホントある意味ぶっ飛んだ世界だけど、それがとてもリアルで、日常の体温として感じることが出来る。
すなわち、オレらみたいなミュージシャンでない一般ピープルが感じてる熱量と差ほど変わらないところで歌ってるのかも知れんなぁとか思う。
だから、歌の世界に凄く共感が出来る。
ある意味、満たされたらさ、人生つまんないもんかも知れないとも思う。
くそったれで、はらわた煮えくり返るくらいの怒りをパワーとし、生きていった方が人生変化があっていいのかもね。
生きてる理由を見つけるきっかけになる一枚としても最高なんじゃないだろうか。
ヒットチャートを賑わしているぬるいロックを聴く前に、ゼヒ一聴あれ。


余談だけど、このアルバムをリリースした後、ギターとボイス担当の吉野寿氏が急性心筋梗塞で倒れてしまい、緊急手術を受けた為、巡業(ライヴツアー)を予定していたのだけどキャンセルに。
だけど、年が明け無事回復したとのことだったので、巡業の本数は減ったものの、2010年の3月から再度巡業を行うことになったんだよね。
まだまだ滾らして生き抜いていってもらいたいバンドなのよ、ホントに。
 


■YouTube■eastern youth「一切合切太陽みたいに輝く」PV

 easternyouth歩幅と太陽


ひょうたん/給水塔

ひょうたん/給水塔
2008年リリース

イースタンユースのベーシストである二宮氏のメインボーカル&ギターのバンド。
それが、ひょうたんなんだな。
最初さ、え!?下手なん?とか思ったけど、そんなこたーない!ないの!!!
って、声を大にして言いたい。
その味を知ったら抜けれんのよ、マジで。

イースタンユースのファンはもちろんのこと、邦楽ロックファンはさ、絶対聴いといたがイイよ。
イースタンユースのベースプレイで二宮氏を好きになった方々も結構いると思うけど、いやいや、ベースだけじゃねーよニノさんは!!!
って、妙なテンションで聴いてしまうんです。
そんな、不思議な魅力が詰まった作品がこの給水塔なのだよ。

エモであり、サイケであり、ポップであり、おっさんである。
それがカッコイイのよ。
このなんともねっちこくも、脳にへばりつく感じがさ、何度も聴かせるだろうね、多分。
オレは、この給水塔でさ、二ノ宮氏のことますます好きになったよ。ホント。
アルバムに抑揚があって、イースタンとは違う熱量を感じるのです。

季節で言えばさ、秋から冬にかけて聴きたくなる。
しかも、夕暮れの川原とかで、ipodに曲入れて、ケータイスピーカーとかにつなげて聴きたいね。
多分、女のひとより男のひとのがグッとくるんじゃねーかな〜、って思うんです。ハイ。

■ひょうたん オフィシャル ホームページ■

■DAX■ひょうたん「陰り無き日常」LIVE



eastern youthニューアルバム「歩幅と太陽」リリース決定!

eastern youthが、ニューアルバム「歩幅と太陽」を2009年8月5日にリリースすることが決定した!!!
やったー!て、ことは今年も極東最前線・巡業やっちゃうねきっと!
 
前作「地球の裏から風が吹く」以来、約1年9カ月ぶりのオリジナルアルバムとなる本作。
詳細は近日発表とのことで、「傑作中の傑作が完成。震えて待て!!」ってことなので、eastern youthファンは震えて待とう!!!。
 
アルバムリリースと前後して、今年は夏フェス出まくり。
「夏の魔物 -AOMORI ROCK FESTIVAL '09-」に、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009」に、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO」への参加が決定しているeastern youth。
ステージでは新曲も出し惜しみなくやってくれることだろうよ。
 
やっぱり、今年のEZOは行くしかなさそうだ・・・。

■eastern youth オフィシャル ホームページ■


■YouTube■「沸点36℃」PV 



 

eastern youth(イースタンユース)/孤立無援の花

ブログネタ
みなさんのおきにいりアーティスト に参加中!
eastern youth(イースタンユース)/孤立無援の花 
1997年(現在廃盤)

人生に於いて、このアルバムの重要性とはかなりのものを占めてるな。
だってね、生抜き方が尋常じゃないワケよ。
ある意味、青春炸裂っていうかさ。
一時期さ、青春パンクとか訳が解らんジャンルを業界の人が考えたみたいだけど、バカこけっ!って感じだよ。
誰にとっての青春パンクなのよ。

そんなこんな言ってる間に、このアルバム聴く訳さ。
1曲目の「いずこへ」からさ、この高揚感何よ!ってくらい熱いのよ。
言葉じゃあまり伝わらないから、音源聴くに限るんだけど、無理矢理言葉で表現するとね「フンガラブンガラヤーってブワブワブワ〜って!ドウリャー!」って感じ。
ん?伝わった?
とにかく、感情を音に、唄にぶち込んだ感じだね。
人生辛い時は、コレ聴いてテンション上げて、また明日もガンバンぞ!
って、そんな感じさね。

ちなみに、レコーディングエンジニアは、うっちーこと内海幸雄さんて、エレカシとかもやってる方だったりするのだ。
エピック期エレカシが好きな人にもおすすめな一枚ですぞ。

■eastern youth オフィシャル ホームページ■


■YouTube■eastern youth「いずこへ」LIVE

_SL500_AA300_


最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ