邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

邦楽ロック五十音【な行】

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

七尾旅人(ななおたびと)/リトルメロディ

七尾旅人(ななおたびと)/リトルメロディ
2012年リリース

う〜んと、まず何を書いたらいいのかちょっと迷うとこだけど、個人的にはね、2012年リリースされた作品の中で、発売日をこんなに待ち望んだ作品は無い!ってくらい、ワクワクとした気持ちがあったのが、この七尾旅人氏の「リトルメロディ」なんだな。

YouTubeでさんざん繰り返し見た「圏内の歌」が収録されてるアルバムであるってのもあるんだけど。
で、そんな被災地の人の重い気持ちを歌った歌で、何オマエワクワクしてんのって感じだけど、久々になんか体中がゾワ〜ってするっていうか、しびれるてか、とにかく打ちのめされた。
自分は九州に住んでて、東日本大震災での被害と言えば、ミネラルウォーターとかが一気にスーパーから消えうせたってぐらい。
でもね、七尾氏の歌で、それだけじゃなくなった。
圏内に生きる人のことが、グイグイ頭の中や体の中に入ってきた。
「圏内の歌」を聴いている瞬間は、間違いなく自分も圏内の人たちの辛さとか悲しさとかがイメージされたのよ。

う〜ん、オレバカだから、上手い言い回しとか言葉とかで表現出来ないけど、とにかく日本人なら聴いておくべき曲だなって。
ほんと、K-POPとかアイドルとかのんきに聴いてる場合じゃない。

まだ、東北の被災地には行ったことないけど、いつか行こうと思う。
そして、圏内の町だったところにも行って見たいと思う。
と、「圏内の歌」だけのレビューじゃんて感じだから、他の曲についても触れようかと。

そんな震災後な曲だけではなく、メロウかつアグレシッブな曲たちもたくさん収録されている。

サザンよりも気持ちよく聴ける湘南の歌や、七夕ってやっぱり意味のある日だね〜って思わす歌や、オルタナティブにそしてウイスパーに、上に下にのハードなパンクみたいな歌や、甘酸っぱい恋の歌や、アブラカタブラ〜って呪文唱えちゃう歌とか、とにかく色々な七尾氏を感じ取れるなと。

なんか、そんなんじゃ曲の雰囲気バラバラでアルバムとしてのバランスどうなのよ?
って言う人いそうだけど、んなことなく、すんなりと頭から終わりまで面白い映画でも見たかの勢いで楽しめる。

七尾氏の旧作では、「billion voices」から、すんごいすんなり入ってくる感じがしてたんだけど、今作でそれは完全に極まったな!って思った。
とにかく、たくさんの「ちぃしゃなめ〜ろぉぢい〜」を感じてみはいかがかと。ハイ。




■YouTube■LIVE【FUKUKOU LIVE vol.01 - 七尾旅人『圏内の歌』】


七尾旅人リトルメロディ



ヌンチャク(Nunchaku)/ヌンチャクラ

ブログネタ
復活してほしいバンドは何ですか??? に参加中!
ヌンチャク(Nunchaku)/ヌンチャクラ
2000年リリース

とにかくさ、頭の中スカ〜ってさせて、ボリュームをぐいっと上げて(ipodならホイールを右方向にグイグイ回して!)聴いてもらいたい1枚が、この「ヌンチャクラ」なんだな。
当時は、KxCxHxC(柏シティーハードコア)って言えばヌンチャクでしょ!って、くらい千葉の柏のキッズの間では有名だったんだろーね。
なんつったって、「ヌンチャクラ」は勢いがスゴイよね。
若気の至りって言葉じゃ 片付けきれん感じにね。
いきなり爆音で音が迫ってくるのよ。
なんかね、敢えて仕事で疲れた時とか聴くと気持ちいいのよ。
多分、ヌンチャク聴いてると変なアドレナリンとか出てそう。てか、出る。
それがヌンチャクマジックなのか?
 
この「ヌンチャクラ」の中でも特に「マラダイス」って曲が好きなんだけど、サビのハモリが「腹一杯!腹一杯!腹!一杯!」って、この字面からでは想像もつかんくらいカッコいいのよ、ヌンチャクがやると。
ヌンチャクってツインボーカルなんだけど、ツイン具合がこれまた良い具合に、ハマってる。
 
2007年には再結成ライブが都内と柏で行われたみたいだけど、きっと良い意味で変わらないヌンチャクが観れたんだろうね。
あ、コレ、DVDとしてリリースされてるので気になる方はチェックするべし!
全てのオリジナルアルバム+ラストライヴ映像が収録された『ヌンチャク アーカイヴス 〜もうふぶかない〜』も併せてチェックしてもらえれば、これ幸いです。
AIR JAM世代だった、現在バリバリ働くサラリーマン、OLさんに(30代の人とか)捧ぐ、ヌンチャクの名盤をゼヒ!

■ヌンチャク オフィシャル ホームページ■


■YouTube■NUNCHAKU/NUNCHAKURA LIVE

ヌンチャクヌンチャクラ


NUMBER GIRL(ナンバーガール)/NUM-HEAVYMETALLIC

ブログネタ
好きな音楽 に参加中!
NUMBER GIRL(ナンバーガール)/NUM-HEAVYMETALLIC
2002年リリース

メジャーからリリースされた3枚目であり、スタジオ録音盤としてはラストのアルバムがこの「NUM-HEAVYMETALLIC」。
今、向井秀徳氏がやってるバンドZAZEN BOYSに繋がるサウンドがこのアルバムを聴くことで、繋がってるなーてのが感じ取れるよね。
民謡あり、ダブありなある意味、ナンバーガールにしか出来んサウンドがここで聴けるのよね。
ただ爆音で、ラウドでスクリームじゃないサウンドがとっても耳に残るのよ。

今までありそで無かった気がするよね。
ある意味、和製ミクスチャーっていった感じ。
アルバムの出だしから、ハァ〜〜〜みたいな感じで、お祭りビートが始まり、現在VOLA & THE ORIENTAL MACHINEではボーカリストとしても活動してるアヒト・イナザワ氏の良い具合の民謡声を楽しむことが出来る。
ナンバガの要は、やっぱり向井氏の声や、特徴的な曲なんだろうけど、アヒト氏や、中尾氏、ひさ子ちゃんのブッといアンサンブルであることは間違いない。 

当時のライブを観て思ったのは、メンバーは淡々と演奏をしてたよね。
それもナンバーガールの格好良さだったかもね。

現在メジャーシーンで活動しているバンドにも、ナンバーガールテイスト溢れるバンドってちらほらいたりするよね。
直球なバンドもいれば、少し変化球で取り入れたバンドもいたりするよね。
メジャーでの活動時期こそ短かったけれど、それだけ、影響力があったってことだよね。うん。

■NUMBER GIRL オフィシャル ホームページ■


■YouTube■NUMBER GIRL「NUM-AMI-DABUTZ」PV


 
 

中村一義(なかむらかずよし)/金字塔

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
中村一義(なかむらかずよし)/金字塔
1997年

当時、ロッキングオン・ジャパン誌上で、天才あらわるって感じで登場した中村くん。
ロックファンにおいては、かなり大々的なプロモーションだったと思う。
ま、そんなプロモーションもあってか、ファーストシングルの「犬と猫」はとっても新鮮味のある衝撃を受けたっけな。
歌詞カードには、句読点がうってある。
ビジュアル的にもとっても新鮮だった。
あの、スゴく裏返ったハイトーンの声も、ホフディランのワタナベイビー以来の衝撃だった。
だから、未だに輝かしい青春の1枚なんだと。
中村くん的にも、オレ的にも。

シンプルな聴き心地がいい曲が多いよね。
ま、あの声が苦手っていう人にはオススメは出来んけどね。
ちびっ子の頃に聴いた、「まる・さんかく・しかく」のカバーも聴き所の1つ。

今現在は、100sとして活動してる中村くんだけど、やっぱり個人名義時代の方がより中村一義っていう人の純度が高いなって思う。
100sもキライじゃないけど、また中村一義名義で活動してもらいたいものだね。
そう、状況が裂いた部屋からね。

■100s オフィシャル ホームページ■


■YouTube■中村一義「犬と猫」LIVE 


 
最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ