邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

邦楽ロック五十音【さ行】

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

Scott & Rivers(スコット&リバース)/スコットとリバース

Scott & Rivers(スコット&リバース)/スコットとリバース
2013年リリース

いや〜やってくれたぜ!って感じの、「邦楽」の名盤登場!
なんてったて、メンバーは生粋のアメリカ人。
しかも、日本だけじゃなく全国的に人気なバンドであるALLiSTERのスコット・マーフィー氏とweezerのリバース・クオモ氏による日本語で歌を歌ってるていうね!まいった!
日本人のオレが聴いても、こりゃ洋楽じゃない邦楽でしょ!って!
だから、今回ブログで邦楽ロックの名盤ってことで、紹介してるワケなんだけどね。

メロディが完全に邦楽ならではのアップダウンを見せ、サビではきっかりと英語が登場するっていうね。
しかもね、英語の感じがネイティブな人の発音だけじゃなく、日本人的な英語の発音で歌われていたりと、いや〜ホント舌を巻くっていうか、関心しまくる!

元々、オレはweezerが好きなんだけど、そのweezerらしさとかがチラチラ見える曲とかあったりして、weezerファンにも嬉しい作品になってるんですよ!
邦楽なんか、かっこ悪くて聴いてられるか、とかクソみたいなこと言ってる洋楽ファンいたら、まぁとやかく言わずに聴いてみろってんだ(怒)!て、感じなのよ、マジで。

スコット氏は元々ALLiSTERやソロ作で日本の曲のカバーを節操なくやってたから、なんとなく知ってたけど、その節操無い選曲が、どうも個人的には受け入れがたいものがあったけど、オリジナルならこりゃいいわ!って感じよ。
そんな日本語ロック、要は邦楽が大好きな二人によるミラクルなバンドだなって。

二人の日本好きが相まって、通常の会話も日本語でやってて、日本にプロモーションやライブで来たときのインタビューもほぼ通訳なしで、日本語にてインタビュー対応してるみたいだし、いや〜ライブ観てみたいわ〜って感じだなと。

そうそう、リバースと言えば、奥様が熊本の方らしく、日本に来たときは割りと熊本に行ってるみたいだから、いっそ、九州ツアーとかジャパンツアーとか日本のバンドみたいに、小さめのライブハウスとか周ったらいいのにね〜とか妄想するワケ。
ちなみに、全国的に有名な熊本のゆるキャラのくまモンとは対バン(?)済みの模様。

ちゅうか、weezerでライブやっても、普通にオーディエンスとのコミュニケーション取れまくりだから、そっちも気になるところだなと。

ALLiSTER、weezerファンはもちろんのこと、邦楽ロックが大好きな人たちにもゼヒ聴いてもらいたい洋楽アーティスト扱いされたくない、邦楽ロックのアメリカ人バンドに要注目っす!





■YouTube■「Scott & Rivers - HOMELY GIRL」MV

scott&riversスコットとリバース


■こちら通常盤のジャケ

scott&riversスコットとリバース初回


■こちら初回盤のジャケ(NHKのキャラクター、どーもくんの方がデザインされたんだって!)




SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz

ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)/SuiseiNoboAz
2010年リリース

きた!きた!きた!ナンバーガール直系のこのサウンド&ぺシャリ(語感)!
スッゴイ好きなのよ、こういった感じのサウンド。
少し変拍子なリズムに、字余りな歌詞。
そして、下世話なキーワード。
でもね、メロディーはとてもかっこよく響く。
そして、とってもダンサブル。
踊れるロックだよ、こりゃ。

00世代のナヨい感じのロックじゃなくて、あの、何、畳に空き瓶みたいな。
それってさ、丸まま向井秀徳じゃないのって感じだけどね。
男臭いっつーかさ、そんな感じなのよ。
取り敢えず。

何故、そんなに向井氏をひっぱるかってーとね、向井氏プロデュースなのよね、ボアズの今作。
もちろんレコーディングは、向井氏のスタジオMATSURI STUDIOにてレコーディングっと。
2009年のFUJI ROCKの新人枠であるROOKIE A GO-GOでも演奏は好評だったみたいだし、ホント2010年にメキメキ人気が出そうなバンドだと思う。
ナンバガ好きならば、嫌いなワケないと思うので、ゼヒともご購入をおすすめするんだな。



■YouTube■SuiseiNoboAz「水星より愛をこめて」PV



曽我部恵一BAND(そかべけいいちバンド)/キラキラ!

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
曽我部恵一BAND/キラキラ!
2008年リリース
 
サニーデイ・サービスの頃とは打って変わって、カナリロッキンな曲をやっちゃってる、ソカバンこと曽我部恵一BAND。
言うなれば、遅れてやって来た青春とでも言おうか。
ま、そんなテンションで作られてんだと思う。
自身のレーベルからリリースしてるから、リリース頻度もハンパないのよね。
好きな時に好きなだけ出す!みたいなね。
ま、そんなソカバンの勢いが好きなんだけどね。

今迄にも、「曽我部恵一BAND」名義でレコーディングしたものはあったものの、スタジオ録音できっかり録ったのはこのアルバムが初となるワケね。
だから、これソカバンの1stアルバムなのね。
サニーデイ時代の名曲「青春狂走曲」も、かなり高いテンション&BPMでカバーされていたりと、ある意味やりたい放題みたいな。
でも、それを今やりたいから、オレがやるみたいな感じなのかも知らんね。
 
このアルバムのポイントとしては、高校生が、ピストル風でとか、クラッシュ風でとか、ニルヴァーナ風でとか、そんな感じで曲作ってみんなでやろうよ!ってなノリをビンビンに感じるね。
ちなみに、ジャケで曽我部氏が着てるTシャツは、bloodthirsty butchersの結成20周年記念Tシャツだったりする。
ソカバンも目指せ!結成20周年! 

昔サニーデイファンだったあなたや、銀杏BOYZとかが好きなあたなにカナリオススメな1枚なのです。ハイ。

■曽我部恵一BAND オフィシャル ホームページ■


■YouTube■曽我部恵一BAND「魔法のバスに乗って」PV




 

サニーデイ・サービス(Sunny Day Service)/「東京」

ブログネタ
好きな音楽 に参加中!
サニーデイ・サービス(Sunny Day Service)/「東京」
1996年

人生において、サニーデイの存在ってのはデカイと思う。
あの昭和な雰囲気は、当時の自分のスタイルにバッチリハマってた。
だからさ、サニーデイの「東京」はハマリまくったね。
寝ても暮れても「東京」 だった、と思う。
カーステレオのテープが、ビロンビロンになるまで聴いた気がする。
あぁ、なんか若い頃の自分がちらほらり。
って、そんな感じなんです。

はっぴいえんどフォロワーとして、登場した感のあるサニーデイだったけど、中でも一番昭和臭いのが、このアルバムだね。
すごく、はっぴいえんどっていうか、はっぴいえんどの頃の大滝さんの唄い方だった。
だからさ、きっと昭和40年代くらいに青春時代を送ってた音楽好きのおじさんおばさんもグッとくると思うのよ。

あの頃の曽我部氏のビジュアルも、かなり昭和だったよね。
90年代のフォークロックブームみたいなもんがあったとすれば、それはサニーデイがきっかけだったワケだよね。
ま、サニーデイきっかけで、はっぴいえんどもまた再評価されたんだろうけどね。

今も曽我部氏のやってるバンドでカバーされてる「青春狂走曲」も収録されてる名曲の多い1枚でもあるよね。
このアルバムは、凄くアルバムとしてのまとまりがあるから、一曲目から最後の
曲まで通して聴くことをおすすめするのです。

出来ることなら、「東京」がリリースされた後に、リリースされた「ここで逢いましょう」のカップリング「花咲くころ」をCD-Rなんかに1枚で焼いて、花見なんかしながらCDラジカセで聴きたいものだね。
やっぱ、あえてiPodとかで聴かずに聴きたいものだね。
てか、出来ればカセットテープがベストなんだけどね。うん。

■サニーデイ・サービス オフィシャル ホームページ■
(曽我部氏のホームページのサニーデイ紹介ページです)


■YouTube■サニーデイ・サービス「青春狂走曲」PV
 

最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ