エレファントカシマシ(Elephant Kashimashi)  トリビュート/エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜
2013年リリース

さく〜らの〜〜〜ってな季節になってきたんで、そろそろ去年の冬に出たエレカシのトリビュート盤第二弾のことについて書いてみようかなと。
天気は上々散歩にと、上野の山を訪のたくなってしまうのです。
なんか、そんな温かさのある、エレカシ愛に溢れるトリビュートだなと。
宮本氏の耳の病気後の復帰の流れで作られたのかどうかは知らんけれども、なんだか優しさが溢れ出とる。

んでさ、メンツがニクい。
いわゆるパンク系から、フォーク系から、ロック系から、フェミニン系まで。
エレカシの曲ってこんなにアレンジ出来ちゃうんだ!驚き!みたいな。

初っ端から10-FEETに潔いエレカシのヒット曲「今宵の月のように」 があるかと思えば、次はオルタナ番長 TOSHI-LOW氏率いるBRAHMANによるエピック期の曲「月の夜」、そんでメロウに始まるTHE BACK HORNの「悲しみの果て」そして、割とファンじゃないと知らんやろ的なtacicaによる「リッスントゥザミュージック」、非常にリスペクト感あるなと。・・・なんだか、一口コメントみたいになってきたな。ま、いっか。

そして、秦基博氏による「風に吹かれて」なんか、人知れず熱い!みたいな、歌い込まれとるってのは伝わってくる。
そんな流れで、やや通的なGOING UNDER GROUNDによる「旅の途中」、こちらも優しさ伝わりまくりなのです。
そして、曽我部恵一氏の最近の日常ソング的な感じのバンバンリリースしてて、それにも入ってそうな、やんちゃくれな「デーデ」。
どのトリビュートにも漏れなくネタ付のグループ魂による「ふわふわ」、あまちゃんの北三陸高校潜水土木科のあの先生のボケ的な聴き方をするとまた面白い。
ちょいちょいエレカシワードを抛ってきてて、クドカンへの愛、感じるす。
さあさあ!ただの一口コメントもあと少し!

本家の曲より、真っ当なミクスチャー感ありありなRIZEのKenKen氏による「ガストロンジャー」。
密やかに熱が滾ってるみたいな、個人的にはすんなり入ってくるガストロンジャーだなと。
んで、ここで唯一の女性ボーカル登場!Chara × THE NOVEMBERSによるドリーミンな「月夜の散歩」、そのまま寝ちゃいそう的なね。
そして、大トリはDragon Ashによる「さらば青春」、コレもうDragon Ashの曲でしょ、てな具合のハマリ様。
元々、エレカシの宮本氏は一時期Dragon Ashも聴いてたらしく、スゴく影響されたとこがあったみたいなんで、廻り巡って元に戻したみたいな感じだろうか。

と、一口コメント、終わりました。
前作のトリビュートも良かったけれど、繰り返し聴きたくなる度で言えばこちらが上だったかなと。
それと、ジャケの新井英樹氏のマンガ「宮本から君へ」も、前作松本大洋氏の「花男」同様、エレカシに影響されてて、モロ関係ありありで、ジャケに持って来いだなって。

エレファントカシマシファンは当然だけど、それぞれのアーティストのファンの人にも聴いてもらいたい、発見ありありなトリビュートなのだ!


■収録曲■
01.今宵の月のように / 10-FEET 
02.月の夜 / BRAHMAN
03.悲しみの果て / THE BACK HORN
04.リッスントゥザミュージック / tacica 
05.風に吹かれて / 秦基博
06.旅の途中 / GOING UNDER GROUND
07.デーデ / 曽我部恵一
08.ふわふわ / グループ魂
09.ガストロンジャー / KenKen
10.月夜の散歩 / Chara × THE NOVEMBERS
11.さらば青春 / Dragon Ash



■YouTube■「ふわふわ グループ魂」音声のみ

 
■YouTube■秦基博 悲しみの果て(MUSIC FIGHTER 2008年の映像です。
エレファントカシマシの「悲しみの果て」からの「鱗(うろこ)」。)
 
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2