andymori(アンディモリ)/ファンファーレと熱狂
2010年リリース

当時、CDショップ大賞に選ばれてて、なんとなく存在は知ってたけど、ちゃんと聴いたのは随分後のことだった。
2012年にリリースされた「光」がリリースが遅れ、ツアーに間に合わず、ライブに来たファンの人たちはそこで始めて「光」の曲を聴くことになったこととか、ボーカルギターの小山田氏が合法ドラッグ使ってどうのこうのとか。
そして、2013年の5月に小山田氏が川に飛び込んだこととか・・・。

なんか今どきいないタイプのミュージシャンだな〜って思う機会が増えた。
んで、あんまり聴いてなかった「ファンファーレと熱狂」だったけど、そんなトラブルがあったりしたことで、小山田氏の過去のインタビューとかライブ映像とか掘り下げて見ていく内に、なんか「ファンファーレと熱狂」がスゴくしっくりき始めた。
なんでそうなったかはよく分からないけど、なんか自分にフィットするとこがあったんだろうなと。

このアルバムは彼らにとってはセカンドアルバムになるんだけど、なんかしっかり演奏してるなぁ〜って。
最近のちょっとこじゃれたロックンロールではなく、泥臭く地に足が着いたロックンロールだなって。
時代で言えば、90年代初頭、いや、80年代のロックなのかも知れない。
でもでも、バンドの演奏はしっかり「今」を感じさせるフレーズとかあるんだけど、なんかね、懐かしいロックンロールなんだと。

andymoriの曲にはよく海外の地名が出てくるよね、タイとかバグダットとかケアンズとかベニスとか。
なんか、アルバム一枚でぐるりと旅をした気分になりつつ、いきなり日本に戻って筑豊温泉が出てきたり。
ワールドワイドな感じと、ローカル感が混在して、なんか新鮮な世界観だなって思う。

今も昔も、だいたいファーストかセカンドが名盤!とかって言われるけれども、andymoriもそんな感じで知らぬ間に名盤完成!というとこだろうか。
ま、人の趣向はそれぞれ違うから、名盤はファーストやろ!とかって言う人もいるかも知れないけど、でも、やっぱセカンドも名盤だな〜って、ま、そんなぐるぐる回る話ししてもしょうがない。

和製リバティーンズなんて言われてるみたいだけど、どう聴いても今っぽくなった尾崎豊って言った方が80年代〜90年代のロックを聴いた人にはピンとくるんではないだろうか?とか思う。

あ、ちなみに、彼らの事務所の先輩にはエレファントカシマシとかいる訳で、同僚(?)にはPlentyとか、ま、そこ界隈が好きな人にもオススメな一枚かと。

後、小山田くんの復帰切望します!
ラストライブやってないので、どうにかこうにかしてラストライブしてもらいたいものです。ハイ。


■YouTube■「andymori "グロリアス軽トラ"」MV


andymoriファンファーレと熱狂