邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

七尾旅人(ななおたびと)/リトルメロディ

七尾旅人(ななおたびと)/リトルメロディ
2012年リリース

う〜んと、まず何を書いたらいいのかちょっと迷うとこだけど、個人的にはね、2012年リリースされた作品の中で、発売日をこんなに待ち望んだ作品は無い!ってくらい、ワクワクとした気持ちがあったのが、この七尾旅人氏の「リトルメロディ」なんだな。

YouTubeでさんざん繰り返し見た「圏内の歌」が収録されてるアルバムであるってのもあるんだけど。
で、そんな被災地の人の重い気持ちを歌った歌で、何オマエワクワクしてんのって感じだけど、久々になんか体中がゾワ〜ってするっていうか、しびれるてか、とにかく打ちのめされた。
自分は九州に住んでて、東日本大震災での被害と言えば、ミネラルウォーターとかが一気にスーパーから消えうせたってぐらい。
でもね、七尾氏の歌で、それだけじゃなくなった。
圏内に生きる人のことが、グイグイ頭の中や体の中に入ってきた。
「圏内の歌」を聴いている瞬間は、間違いなく自分も圏内の人たちの辛さとか悲しさとかがイメージされたのよ。

う〜ん、オレバカだから、上手い言い回しとか言葉とかで表現出来ないけど、とにかく日本人なら聴いておくべき曲だなって。
ほんと、K-POPとかアイドルとかのんきに聴いてる場合じゃない。

まだ、東北の被災地には行ったことないけど、いつか行こうと思う。
そして、圏内の町だったところにも行って見たいと思う。
と、「圏内の歌」だけのレビューじゃんて感じだから、他の曲についても触れようかと。

そんな震災後な曲だけではなく、メロウかつアグレシッブな曲たちもたくさん収録されている。

サザンよりも気持ちよく聴ける湘南の歌や、七夕ってやっぱり意味のある日だね〜って思わす歌や、オルタナティブにそしてウイスパーに、上に下にのハードなパンクみたいな歌や、甘酸っぱい恋の歌や、アブラカタブラ〜って呪文唱えちゃう歌とか、とにかく色々な七尾氏を感じ取れるなと。

なんか、そんなんじゃ曲の雰囲気バラバラでアルバムとしてのバランスどうなのよ?
って言う人いそうだけど、んなことなく、すんなりと頭から終わりまで面白い映画でも見たかの勢いで楽しめる。

七尾氏の旧作では、「billion voices」から、すんごいすんなり入ってくる感じがしてたんだけど、今作でそれは完全に極まったな!って思った。
とにかく、たくさんの「ちぃしゃなめ〜ろぉぢい〜」を感じてみはいかがかと。ハイ。




■YouTube■LIVE【FUKUKOU LIVE vol.01 - 七尾旅人『圏内の歌』】


七尾旅人リトルメロディ



eastern youth(イースタン ユース)/叙景ゼロ番地

eastern youth(イースタン ユース)/叙景ゼロ番地
2012年リリース

とりあえずは、あれから1年が経って、2012年もぼちぼち終わりだな〜って。
そんなことぽか〜んって考えてて、したら、吉野さんも歌詞で「2012年〜」って歌ってててな具合で。
2012年になっても、震災のことは忘れちゃいかんって、再確認させられた。
今回の作品のインタビュー記事とか読んでも、やっぱ震災のことありきだってコメントしてあった。

そんな意味で、初っ端の曲は「グッドバイ」で始まってんのかな〜って。
んで、〆は「ゼロから全てが始まる」てな具合に。
そして、その作品のステージが「叙景ゼロ番地」。
な〜んもね〜、だからまた一歩一歩確実に前に前進して行くって、そんな吉野さんからの言葉がいつも以上にどっかりと響く。

イースタンの曲って、すごく地に足が着いていて、とてもリアルっていうか、いい意味で飾りっけが無いっていうか、まぁ、なんか裏とか全く無くって、直球勝負みたいな。
そこがずっと好きで聴いてるってのもあるけれども、今回はその直球具合がドガン!ドガン!とやってくる。
よく個人のレビューとかにも書いてあったけど、確かに「昔」のイースタンの感じがするって書いてあったのね、ふんふん、確かにそんな感じもある。
「365歩のブルース」辺りからのタイトなイースタンというよりか、メジャーになったころの「旅路ニ季節ガ燃エ落チル」辺りの激しい雰囲気がある。
でもね、そこはやっぱり、山あり谷ありで色々と越えてきて、今があるって感じで、絶叫してる曲ばっかじゃなくて、しっかりと歌う曲とか静かなトーンの曲とか色々やってきての「今」って、そんなんオレが言わなくても分かるわいってな感じだけれども。

ちゅうことで、しっかり一本イースタンなのよ。
寄り道なんてしてない、ずっとイースタンユースだなって。
だからね、次のアルバムが出るときに、ドフォークになってても、しっかりイースタンなんじゃないかって。
どっかのバンドみたいに、アレやったりコレやったりって意味じゃなくて、ともかくずっとイースタンユースでいてくれると思う。

ちょっとこういうおっさんバンドは苦手〜とか、ダセ〜とか言う前に、一度は聴いとくべき、日本人なら。
サラリーマンとかやってて、毎日朝から晩までペラッペラになるまで働いてるって人にも、命のドリンクいかがですか!ってな具合に聴いてもらいたい。
でも、一番聴いてもらいたいのは、震災で被害にあった人たちに聴いてもらうべきやね。
絶望する前に、何かを諦める前に、この「叙景ゼロ番地」を聴いて、ゼロから全てを始めてもらいたい。うん。





■YouTube■【MV】呼んでいるのは誰なんだ? − eastern youth


easternyouth叙景ゼロ番地



最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ