邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

Analogfish(アナログフィッシュ )/NEWCLEAR

Analogfish(アナログフィッシュ )/NEWCLEAR
2013年リリース

アナログフィッシュは間違いなくイイ方向に進んでる。
それは、セールス的なことじゃなくて、バンドのブラッシュアップしてる具合が。
どんどん言いたいことを刺激的なメロディに載せてロックしてる。
んで、タイトルの「NEWCLEAR」も原子力に引っ掛けて付けられたタイトルってことで、いきなり迫力あって、意味深だなと。

例えば、昔ジョン・レノンが「Power to the people」って歌ってたけど、そこまでダイレクトに人に行動させるって感じじゃないけど(いい意味で)、ソレに近いものが備わってる気がする。
だから、東日本大震災があって、なんか生活が変わった、考え方が変わった、って人にはゼヒ聴いてもらいたい。
震災の直接的な被害を受けなかった人でも、日本に住んでいたらなんかしら変化があったでしょ?と。

とにかく色々と考えさせられるアルバムだなと。
過去のことを忘れていくのが人間なんだけど、忘れちゃいけないこととかもある。
だから、そんなメッセージをさり気なく添えてくれてる曲を聴いて、繰り返し思い出したい。

そんなメッセージ性のある曲もあるかと思えば、ポジティブな曲も収録されていて、そこで張り詰めた不安みたいなもんから開放されるね。
例えば、どっかの誰かと誰かが幸せでいればソレでイイじゃないと。
それとか、世界が終わるかも知れないけど、そこで立ち止まるなよ!とか。
なんか先が見えない日本だけれども、不安ばっかで生きてたら、ホント息詰まるわ。

アナログフィッシュ流の世界に向けた歌たちを聴いていると、ボケッとしてちゃダメだなっていっつも思う。
それと、止まってたり、後ろに下がって行っちゃってもなんも生まれないしね。
この時代の日本に生まれたんだから、全てを受け入れて、自分の意志をしっかりもって、自分の意見を言って、イエス、ノーをはっきりしてかなきゃって・・・ま、あんまり出来てないんだけれども。
そんな人になりたいなという、指針にはなる。うん。

今作では、ラッパーのやけのはら氏のコラボがあったり、下岡氏の作詞で佐々木氏が歌っていたりで(前作でもナイスなミックス感だった!)、二人のボーカルがいて、テイストが違うのを上手く「アナログフィッシュ」ってことでまとめてる。
とにかく、アナログフィッシュが誘う世界にどっぷりと浸ってみるのもイイんじゃないのって。うん。




■YouTube■「アナログフィッシュ 「Super Structure」 (Official Music Video)」MV


■YouTube■「アナログフィッシュ 「Good bye Girlfriend」 (Official Music Video)」MV

アナログフィッシュNEWCLEAR


Scott & Rivers(スコット&リバース)/スコットとリバース

Scott & Rivers(スコット&リバース)/スコットとリバース
2013年リリース

いや〜やってくれたぜ!って感じの、「邦楽」の名盤登場!
なんてったて、メンバーは生粋のアメリカ人。
しかも、日本だけじゃなく全国的に人気なバンドであるALLiSTERのスコット・マーフィー氏とweezerのリバース・クオモ氏による日本語で歌を歌ってるていうね!まいった!
日本人のオレが聴いても、こりゃ洋楽じゃない邦楽でしょ!って!
だから、今回ブログで邦楽ロックの名盤ってことで、紹介してるワケなんだけどね。

メロディが完全に邦楽ならではのアップダウンを見せ、サビではきっかりと英語が登場するっていうね。
しかもね、英語の感じがネイティブな人の発音だけじゃなく、日本人的な英語の発音で歌われていたりと、いや〜ホント舌を巻くっていうか、関心しまくる!

元々、オレはweezerが好きなんだけど、そのweezerらしさとかがチラチラ見える曲とかあったりして、weezerファンにも嬉しい作品になってるんですよ!
邦楽なんか、かっこ悪くて聴いてられるか、とかクソみたいなこと言ってる洋楽ファンいたら、まぁとやかく言わずに聴いてみろってんだ(怒)!て、感じなのよ、マジで。

スコット氏は元々ALLiSTERやソロ作で日本の曲のカバーを節操なくやってたから、なんとなく知ってたけど、その節操無い選曲が、どうも個人的には受け入れがたいものがあったけど、オリジナルならこりゃいいわ!って感じよ。
そんな日本語ロック、要は邦楽が大好きな二人によるミラクルなバンドだなって。

二人の日本好きが相まって、通常の会話も日本語でやってて、日本にプロモーションやライブで来たときのインタビューもほぼ通訳なしで、日本語にてインタビュー対応してるみたいだし、いや〜ライブ観てみたいわ〜って感じだなと。

そうそう、リバースと言えば、奥様が熊本の方らしく、日本に来たときは割りと熊本に行ってるみたいだから、いっそ、九州ツアーとかジャパンツアーとか日本のバンドみたいに、小さめのライブハウスとか周ったらいいのにね〜とか妄想するワケ。
ちなみに、全国的に有名な熊本のゆるキャラのくまモンとは対バン(?)済みの模様。

ちゅうか、weezerでライブやっても、普通にオーディエンスとのコミュニケーション取れまくりだから、そっちも気になるところだなと。

ALLiSTER、weezerファンはもちろんのこと、邦楽ロックが大好きな人たちにもゼヒ聴いてもらいたい洋楽アーティスト扱いされたくない、邦楽ロックのアメリカ人バンドに要注目っす!





■YouTube■「Scott & Rivers - HOMELY GIRL」MV

scott&riversスコットとリバース


■こちら通常盤のジャケ

scott&riversスコットとリバース初回


■こちら初回盤のジャケ(NHKのキャラクター、どーもくんの方がデザインされたんだって!)




最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ