邦楽ロックの名盤はどこだ!

邦楽のロックバンドや、ソロアーティストについて、 あーだこーだと勝手に名盤ディスクレビューとかしているブログです。

ようこそ!「邦楽ロックの名盤はどこだ!」へお越し頂きありがとうございます!
【邦楽ロック】と一言で言っても色々あるけれども、その中でもファッションとかトレンドだけじゃなく、ず〜〜〜っと聴き続けられるそんな「邦楽ロック」のアーティストを紹介してるブログなんです。
邦楽ロックの名盤!と言っても、人それぞれだろうけれども、自分の感覚に近いな〜とか思った人には、ズバズバズバ〜ってくればいいなぁと。ハイ。

エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition

エレファントカシマシ(ELEPHANT KASHIMASHI)/「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition
2013年リリース

え〜っと、出ました!デビュー25周年企画盤!
本当のタイトルはスゴイ長い。
【great album deluxe edition series 1「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition】っていうタイトルが付いているのよ。

ここからがエレカシの始まりなワケで、正にメモリアルなモノによるメモリアルな一枚が登場したって感じだなと。
先ずね、即発の1stと聴き比べてみたところ、お!おっ!おおおっ!ってな具合で、音がバキバキハッキリしてて、なんかね、オルタナティブバンドの様。
ま、1988年当時にはかなりオルタナティブな扱いだったと思う。
でも、当時にはオルタナティブって言葉を音楽業界では使ってなかっただろうし、そんなバンドもあんまりいなかったんじゃないかって思う。
とにかく、オルタナティブであると! 
ん〜、当時は、いわゆるバンドブームってヤツが流行った時代だから、ビート系のバンドとかがもてはやされてたんではなかろうか?
その辺の時代がどうなってたかとかよく知らないので、気になる方は独自で調べてね!っと。

とにかくね、このリマスター盤により、オレの好きな感じのエレカシが、リアルタイムなサウンドになって帰って来たなぁと。
エピック期のエレカシが好きな方ならば、間違いなく一家に一枚なモノだと思う。
宮本のボーカルが、石くんのギターが、成ちゃんのベースが、トミのドラムがとにかくパワフル!
とにかく、キレっキレなのである!
しかも、嬉しいことに、レコード会社にあったという、当時音源にならなかったトラック(要はボツテイク)から、新たに「ファイティングマン」、「習わぬ経を読む男」、「BLUE DAYS」、「花男」をニューミックスし、1stに収録されていたこの4曲だから、聴き馴染みがあるハズなのに、まったく新しい!
特に宮本氏のボーカルのテイクが明らかに違って、当時のOKテイクのものよりも荒っぽくオルタナティブ感が高い。
長いことエレカシのファンやってて、ホント良かった〜オレって思う瞬間だったもん!
と、まだまだ色々掘り下げたいとこだけど、ボーナスディスクのことも触れたいので、本編ここまで。押忍!

んでね、ボーナスディスクは、1988年に行なわれた渋谷公会堂のライブ音源が、ノーカットで収録されているという、ホント、鼻血ブ〜〜〜!状態(古くてゴメン)。
以前リリースされた「エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994」(以前書いたレビューあり)にも入ってたアレアレ!てな具合で、「何やってんでキミはそこで〜!」って、宮本氏がカメラマンに向かって言ってるヤツ。
それが、始まりから終わりまでしかっと聴けるっていう、本当にこちらもメモリアルな一枚に仕上がってる。
エレファントカシマシを知る上で、とても意味のある企画盤だなと。
今回リリースされた3作品の中でも、ズバ抜けて質の高い作品ではないのかなと、うん。
初期のイライラして、ピリピリしたムードのエレカシを堪能したいのであれば、間違いなく聴いておくべき作品であるということは言うまでも無い!ちゅうこと。
完全生産限定盤なので、無くなってプレミア価格になる前にゼヒ!ゼヒ!

とりあえず、耳の調子も良くなって、2013年完全復活した宮本氏の新たなるエレファントカシマシに期待しつつ、この原点回帰的な作品を楽しみたいと思うのです。ハイ。 




■YouTube■「エレファントカシマシ「ファイティングマン」 THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition ver.」LIVE


エレファントカシマシ1stdeluxe edition

andymori(アンディモリ)/ファンファーレと熱狂

andymori(アンディモリ)/ファンファーレと熱狂
2010年リリース

当時、CDショップ大賞に選ばれてて、なんとなく存在は知ってたけど、ちゃんと聴いたのは随分後のことだった。
2012年にリリースされた「光」がリリースが遅れ、ツアーに間に合わず、ライブに来たファンの人たちはそこで始めて「光」の曲を聴くことになったこととか、ボーカルギターの小山田氏が合法ドラッグ使ってどうのこうのとか。
そして、2013年の5月に小山田氏が川に飛び込んだこととか・・・。

なんか今どきいないタイプのミュージシャンだな〜って思う機会が増えた。
んで、あんまり聴いてなかった「ファンファーレと熱狂」だったけど、そんなトラブルがあったりしたことで、小山田氏の過去のインタビューとかライブ映像とか掘り下げて見ていく内に、なんか「ファンファーレと熱狂」がスゴくしっくりき始めた。
なんでそうなったかはよく分からないけど、なんか自分にフィットするとこがあったんだろうなと。

このアルバムは彼らにとってはセカンドアルバムになるんだけど、なんかしっかり演奏してるなぁ〜って。
最近のちょっとこじゃれたロックンロールではなく、泥臭く地に足が着いたロックンロールだなって。
時代で言えば、90年代初頭、いや、80年代のロックなのかも知れない。
でもでも、バンドの演奏はしっかり「今」を感じさせるフレーズとかあるんだけど、なんかね、懐かしいロックンロールなんだと。

andymoriの曲にはよく海外の地名が出てくるよね、タイとかバグダットとかケアンズとかベニスとか。
なんか、アルバム一枚でぐるりと旅をした気分になりつつ、いきなり日本に戻って筑豊温泉が出てきたり。
ワールドワイドな感じと、ローカル感が混在して、なんか新鮮な世界観だなって思う。

今も昔も、だいたいファーストかセカンドが名盤!とかって言われるけれども、andymoriもそんな感じで知らぬ間に名盤完成!というとこだろうか。
ま、人の趣向はそれぞれ違うから、名盤はファーストやろ!とかって言う人もいるかも知れないけど、でも、やっぱセカンドも名盤だな〜って、ま、そんなぐるぐる回る話ししてもしょうがない。

和製リバティーンズなんて言われてるみたいだけど、どう聴いても今っぽくなった尾崎豊って言った方が80年代〜90年代のロックを聴いた人にはピンとくるんではないだろうか?とか思う。

あ、ちなみに、彼らの事務所の先輩にはエレファントカシマシとかいる訳で、同僚(?)にはPlentyとか、ま、そこ界隈が好きな人にもオススメな一枚かと。

後、小山田くんの復帰切望します!
ラストライブやってないので、どうにかこうにかしてラストライブしてもらいたいものです。ハイ。


■YouTube■「andymori "グロリアス軽トラ"」MV


andymoriファンファーレと熱狂

最新記事
記事検索
TOWER RECORDS

■TOWER RECRDS!■
人生にタワレコは欠かせん!

おすすめ商品@amazon
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
Twitterでもへーこらやってるてか、こっちばっか。 手軽だからな〜。
QRコード
QRコード
LINEスタンプあります!
ニュースサイト ナタリー
TagCloud
Amazonライブリンク
Kindle安いっしょ!
  • ライブドアブログ